愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

日々の想いのメモ

大切な人が亡くなったら、心は苦しい。おなかの中から大切に育ててきた息子だから、24時間 心は 彼の魂を 感じようとしている。

そして、毎日 ちょっとずつ、自分の気持ちを話し、分かち合っていると
どんどん真実が明らかになってゆく。ベールが 一枚いちまいはがれて。

「死」は、 悪いことでもいいことでもなく、宇宙の壮大な計画の中にある時を得た自然の流れということに ちょっとずつ ちょっとずつ近づく。

シェアと祈りと愛という、なにも道具をもたない方法で。

細かにフェイスブックに投稿してるので転載しますね。
心を寄せて応援してくれている 友達 ありがとうございます。

【10月26日 朝 フェイスブック投稿】

明け方 目が覚めて、また眠る。
そのとき 夜 眠りにつくときも、祈りの言葉を繰り返す。繰り返す。くりかえす。
今朝は、

「八星 愛してる 輝いている」

繰り返し くりかえし

祈りは、なんて強大なんだろう
ぴったりとした その祈りは礎。

今を現し 未来を運ぶ。

運転してるときは、なむあみだぶつ

ときどき 名前も呼びかけて。

座って祈る時も、なむあみだぶつ

さて 1日の始まり。

今日は宮崎へ。


【10月26日 昼 フェイスブック投稿】


今日も泳ぐ。
丁寧に 丁寧に 湧き上がってくる想いを 水に流す。
丁寧にていねいに 昨日のエネルギーを手放して、今日に出会う 。


イルカ時間


【10月26日 夕方フェイスブック 投稿】

八星が、この世に存在しない事実に
胸は始終苦しくなるけれど、耐えられることができ、日常を味わい、朗らかに笑えるのは、

八星の全てを愛しているから。

起きていることが、関わるみんなに必ず 良きことを 運んでくることを知っているから。

間違いで、あの世に行ったのではなく、計画と時があり、
そうなったことを感じられるから。

未来は、わからないけれど、大いなる宇宙への絶対的な信頼を胸に保持している

それは、どこから来るのだろうか?

胸は痛いけれど、こんこんと湧いてくる愛と祈りが 八星へ注がれている。



by ainohanaMusic | 2016-10-29 01:24 | 心の旅日記 | Comments(0)