愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

成熟したね、って言われちゃった!クッキングハウスコンサート

もうすぐ30周年を迎えるクッキングハウス。3周年記念に歌を歌ったのが 最初のご縁だから、もう25年以上のつきあい。
精神病院では病気は治らないと、病院をやめた松浦さんは、調布の町で 心を病んだ人たちと一緒に食事を料理して、一緒に食べる場所「クッキングハウス」をスタート。レストラン、ティールーム、カウンセリングルームなど、地域に開かれた「心の居場所」として大切な役割を果たし続けている。

この頃 1年がたつのがあっという間。1年ぶりに再会した、代表の松浦幸子さんは、昨年より ずっとゆったりしているように感じられた。
d0024504_19051207.jpg
(コンサートの始まりの松浦さんの挨拶)
d0024504_19105264.jpg
いつも、会員さんの描いたコンサートのタイトルが飾られる。ありがたいな~
d0024504_19140288.jpg
朝早めに、到着すると、レストランではスタッフとメンバーが入り混じって、忙しそうに料理にいそしんでいる。メンバーのお昼ごはんと、一般のお客様のランチ。一緒に料理して一緒に食べること、お店で働くこと、毎日の暮らしがつながりに支えられて、役割が与えられて ほんとにいい場所だなぁ~と毎回思う。ランチもおいしい!
d0024504_19063185.jpg
さて、コンサートは、緩やかに始まり、お話もたくさんして 1時間半 休憩なしで続けました。親しい友人が来ていて、率先して踊ってくれて、最後はこんなことに(笑)
踊ることは たのしい・・・
d0024504_19060277.jpg
途中、近況を交えて いろんなお話しをしたのですが、
コンサートを終えて シェアタイムに、会員さんに
「大人になった。」と言われました。5年前は、もっと初々しい感じだったと・・
松浦さんは「成熟した。」と・・
どういう意味?と自分なりに振り返ってみると・・
猫3匹の闘病、次々に見送ったことが大きかったかな?と感じました。
最近は次男が 家を出たり、大切な存在を手放してゆく連続の日々だったかな?と。手放し続けると軽くなるのかな?そして、「今」この時に集中して生きるようになる。
d0024504_19134513.jpg
今回は、ご縁がぐんと広がったのです。
岡山から来られていた福祉施設のワーカーの方から、岡山市で歌うように声がかかりました。また、長野県小谷村の松浦さんのメンタルヘルスの1泊の研修にコンサートを組み込んでくださることになりました。
これは、どちらも10月。
そして、とてもうれしかったのが、松浦さんが8月のリトリートに来てくださることになったことです。
24時間、受話器を手元に置いて 頭がぎちぎちになるほど、心を病んだ方々やご家族を支え続けている。大切な役割を果たし続けているからこそ、一時でも そこから離れて、自然の中で風、太陽、水、炎、虫たち さまざまな命と交流し、いのちをくみ取る時間を分かち合い、充電していただけることが とてもうれしいです。
d0024504_19112045.jpg
いつもながら、音響の片づけをみなさんが手伝ってくださってありがたかった!
d0024504_19113433.jpg
そして、温水プールでひと泳ぎ。
夕陽がとても美しかった。


by ainohanaMusic | 2016-06-14 19:44 | 心の旅日記 | Comments(0)