愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

アナスタシア 一人一人の光とつながる夜

3月15日 雪景色の長野を出発 春仕様から冬仕様へ、
d0024504_10055275.jpg
心のモードを切り替えたけれど、なんのことはない岐阜に着いたら、やっぱり春だった。コートも、あったかめのステージ衣装もいらなかったかも?

わぁ~自遊空間ナマステは、山暮らしのわたしから見たら「街」の中だったけれど、なんて素敵だったんだろう!!
d0024504_10130625.jpg
外に水場や、プラントが素敵にアレンジされた憩いの場所が 古い木や昔風のタイルを使って作ってあったり・・。
6時からのコンサートを、集まっていた「初めまして」のみんなで 和気あいあいと会場作りをした。

今年の2月、昨年から親しくしているイラスト画家の田部ちゃんが、遊里庵に来ていたとき、「アナスタシア」を読んで、ひらめいて紹介してくれたのが 今回のコンサートの主催者、岐阜のなほさん。
アナスタシアみたいな人だよ~とわたしのことを紹介してくれたので、コンサートのキーワードは アナスタシアになった。

そして、この日 集まった人たちの多くが「アナスタシア」感覚(人間以外の多くのいのちと共に生きる)を持っていて、うたも言葉もストレートに届いて、「わたしは蝶ちょだったころ♪」をうたったときは ちょうちょになって飛んでるような 喜び楽しさが会場に満ちていた。
「大地を踏みしめて♪」は、1回じゃあ 満足できないと、2回やって、2回目は自主的に 輪になって部屋を踏みしめて踊り、踊った後は、みんなでハイタッチ!楽しさを分かち合っていた。

この日、ハープのまゆみさんと「あわのうた」を共演したよ。
ハープの音とまゆみさんの謙虚であたたかい、それでいて女神のような美しさが気持ちよくて、次回 一緒にやりたい曲のアイデアが数曲出てきた。
d0024504_10074498.jpg
なほさんが まゆみさんのハープの音と一緒に、うたのような感情豊かで、子どものような無邪気な朗読をしてくれた。大人が子ども心に帰り、素直に聞き入っていた。
d0024504_10121289.jpg
コンサートの前後には、カナちゃんのお弁当。一品一品に心がこもっていて、たべてるみんなが満足してゆく。
d0024504_10171352.jpg
そして、受付と会計をパーフェクトに自ら引き受けてくれていた 背の高いなほさんのお友達 ありがとう!とっても 頼もしく、安心してお任せできました。
そして、そして!!自遊空間ナマステの美和さんは 緑の手を持っていた。みるみるうちにステージが森のようになってゆく。心地のいい空間つくりに集中している準備中の美和さん、かっこよかったな~

そして、7年前 岐阜でコンサートを主催してくれた塚ちゃんと等さんが来て下さいました。また、そのころ出会い、一度は駒ケ根まで訪ねてくださった芳朗さんもはるばる、四日市から来て下さいました。

涙と笑いと好奇心、遊び心満点の夜でした!
d0024504_10085012.jpg
新しく出会ったたくさんのみんなと、久しぶりの再会の友人とが混じって、ほんとうにたのしい、心豊かな夜になりました。

1度の出会いで、2週間の準備期間で素敵な会を主催してくれたなほちゃん、ナマステの美和さん、そして手伝ってくれたみなさん、参加してくれたみなさん、心を寄せてくれたみなさんありがとう!!
d0024504_10083216.jpg
16日は、一路大阪へ 温水プールで一キロ泳ぐ。みんなとの出会いの日々の合間あいまに ひとりで水に溶けてゆく時間。ゼロの時間そしてゼロから また新たな出会いへ。フェリーで鹿児島へ。
d0024504_10071901.jpg
d0024504_10071028.jpg

by ainohanaMusic | 2016-03-17 10:15 | 心の旅日記 | Comments(0)