愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

輝く君を歩け♪

4年に1回しかない2月29日、4年に1回もあるかないかという親子の激しい対話が勃発した。

そのとき 次男とふたりで レコーディングしていた曲は、輝く君を歩け♪
2007年、今 22歳の長男が13歳、中学1年生になった時に 長男を想う気持ちがうたになったもの。

長男は、社交的で日曜日は、いろんな友だちと順番に遊ぶ約束をしていた。
自転車で遊ぶ友だち、ゲームセンターで遊ぶ友だち、バスケの友だち・・etc

当時、わたしは 引越ししたばかりの家から 元の学区に通う二人の息子を毎日 車で送迎していた。
一日2時間、運転していた。
シングルマザーで、音楽活動も 畑も 家事も 子どもたちと遊ぶことも、一人で担っていたので、時間が足りなくて足りなくて・・・
それで、1週間に1日は、運転しない日を作っていた。仕事に専念できる日がないと、どうにもこうにも・・・。

しかし、長男の要求は強かった!「友達と待ち合わせしてるから 高遠まで送ってって!!」
送り迎えで2時間!無理だ!無理!無理!と言い続けると・・・

雨の中を 自転車で 出かけて行ったんだよね。暗くなった頃、パンクした自転車をひきづって濡れて歩いて帰ってきた長男は、そのままコンコンと眠りつづけた。その時に 生まれたうた。
♪助けがない時でも 輝く君を走れ

親には親の道がある
いつも子どもを助けてあげたいけれど(意思を組んであげたいけれど)
家族を養うことが第一だから、アッシーくんに専念できない。
自分の輝きは 自分で掴め!!
助けてあげられないけど、応援してるよ!!

************************
そんな懐かしい「お蔵入りしていた」うたを レコーディングしながら
なぜか 次男との会話が 大荒れに荒れた。

次男は 小学校は半分くらい通い、中学校は 最初だけ・・あとは不登校。高校は1年の一学期だけで退学した。
その後、家でゆっくり暮らし、次第にミュージシャンを目指すようになった。

ここ数年、わたしは 彼を一人前の大人と見て、家の仕事を振り分け、まだやったことのない、クリエイティブな仕事もどんどん任せて、彼はぐんぐんと力をのばしている。その才能には驚くほどだ。学んでないのにできるようになってゆくの。すごいなぁ~。経済はわたしが担当している。家の仕事とアートを、いいバランスで実践することで 現場で実力をつけて行ったらいい。

実力を伸ばし 難なくいろいろができるようになって、言われたことを いやいややるという彼の姿に わたしは、違和感を感じるようになった、それって、もったいなくない??力がついたので 徐々にハードルが高くなってゆく。

楽しく、喜んでやる。自分で率先して仕事を見つける。それが自由じゃない?それって気持ちの持ち方ひとつでできるのではないか?
一時は、アルバイトでおこずかいは得たけれど、消耗し、「家でできるアルバイトない?」と、得た かけがえのない時間。

新たなハードルが設置されて、問いかけられて 話が 荒れた。
次男は、家を出て、アルバイトをして自立したいと 話しがそこへ戻っていた。
もっともな話だが、わたしは そこに巻き込まれていかない。

集団生活は無理と家を選び、お金が必要と外でバイトして消耗し、家でのバイトの道を見つけ力がついてきたが、束縛を感じている。

子どもが親と同じ仕事を志し、親は 子どもに自分のやり方を伝授する そのときに 子どもは嫌だという気持ちを持つが、
親は親の獲得した世界を本気で、伝えているだけだ。伝えることは 相手がだれであろうと変わらないだろう。まっすぐに真実だと思うことを、直球で伝える。貴重な時間だと感じているし、そのめぐりあわせの不思議も感じている。

子どもは、その環境で、自分で輝いてゆくことを選択したらいい。
自立は 今、ここで 自立すればいい。
力がつけば どこでだってやってゆける。

******************************

そして 3月1日の今日、
次男が わたしより早く起きた!!
それって・・ちょっとここしばらく記憶にないほど新しい。

言われなくても 黙々と働く姿も 初めて見た。
掃除をし、薪をわり、朝食を料理して、洗濯をした。

わたしは、次男に言うことはなにもないので、自分の仕事に黙々と専念した。

今日は 一粒万倍の日、新しいことを始めるのに もってこいの吉日。

***********************************

輝く君を歩け♪

今しかできないこと 体当たり 子どもの君
ママには 分からないけど 輝く君を歩け
楽なこと ばかりじゃない 雨の中自転車で走ったね
すべてが君の 人生だから 諦めないで君の道を きみの道を

君しかできないこと きみが君を信じる 
助けがない時でも 輝く君を走れ
胸の中にゴールがある たどりついたら 次が見える
全てが君を導いている 感じて歩け きみの道を きみの道を

今しかできないこと 体当たり 子どもの君
時には 腹も立つけど 輝く君を歩け
お互いに楽じゃないけど きみのありのままを応援してるよ
全てが君を育ててくれる 見守っているよ きみの道を 
全てが君の人生だから 笑い転げて きみの道を きみの道を (2007.10.1)


by ainohanaMusic | 2016-03-01 20:27 | 心の旅日記 | Comments(0)