愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

普通の暮らし

このところ 普通の暮らしが楽しい。


1月の半ば 次男の友だちが1週間ほど 泊まりに来た。

彼らは「木目」というユニットを結成、初のミニアルバムを制作するレコーディングが 遊里庵の蔵の2階で展開されていた。


わたしも含めて みんながミュージシャンの暮らしだから、「ごはんつくりと掃除は一緒にやる合宿型」を提案して、遊里庵は いつもより創作活動の集中力が高まった。


面白いことにそうなると、わたしと次男は 親子から「先輩と後輩」の感覚に移行する。


ある時、「きのこ」が嫌いで絶対食べない次男のために、カレーをふた鍋に分けて作り分けた。

わたしはきのこが好きなので、これはチャンス!と、(次男に気を使って)いつもは絶対つくらない キノコたっぷりカレーと、普通のカレーを用意したの。


ふとみると、なんと、二人が美味しそうに キノコカレーを食べてるではないか!!あらら・・・。「あれ?八星、キノコカレー食べてるの?」「うん、意外とおいしいね。」だって(笑い)
ありえね~~

また、ある時、居間で ビーズ箱をひっくりかえしてしまった。そこへ レコーディングも佳境に入ってきた 二人が 夕食を作りにやってきた。色とりどりのビーズを仕分けして箱に戻すのは 途方もない仕事だと思っていたのだけど(たぶん 次男もそう思っている)次男の友だちが 当たり前のように わたしの横に気配もなく座り込んで 拾いはじめたら 次男も加わり、あっという間に 楽しく元どうり。

そして、また ある時は、3月に鹿児島ツアーをするので、9年ぶりにご縁のあるいお寺に連絡してみようと、ネットで近況を調べたら

辰野に暮らす三浦さんというシンガーが そのお寺でコンサートをした報告があった。え?長野の人が?とびっくりして、三浦さんのうたをユーチューブで聞いたら わたしの好きなマザーテレサの「祈り」の詩を深みのある声でうたっていて、とっても良かったの。

お会いしたいな~お会いできる距離だなあ~と思って速攻メールを出した。身近に音楽仲間がいたら素敵だ。


すると「自分は お客の入らないライブのできるカフェを持っていて、あさって、オープンマイクなので 来ませんか?」とお誘いが来た。わたしは、オープンマイクは 1回しか経験がない。オーストラリアでメインゲストとしてうたったことがあるくらい。
面白そうだけど ためらいも少々・・若者には 面白いかも?と思い 二人を誘った。

d0024504_12472924.jpg


「え?時間がない」と、 次男。
「行こう!面白そう!」と 友だち。

で、結局3人で行ってきたのです。面白かったな~昔にもどり 初心に帰ったような。

ドリンク、料理を注文して、前半と後半に分けて うたを2曲ずつ 交代でうたったの。お客は歌う人の他は 数人・・

他の参加者は みなさんアマチュアだと思うの。でも、それぞれに個性があり、集中力もあり、上手だった。
技術的にみて、わたしは未熟な方だった。 みんな声まで作ってる。わたしは いいも悪いも そのまんまだ。

それで、なにが違うのか?と自分に問えば

わたしは、現在の文明を支えている相対的価値観の「集合意識」の中に所属していないの。どこか、逸脱していて、遠くから全体を見ながら 普通に暮らしている。その普通の暮らしの中で、
日々 宇宙、植物や動物たちに、調和ある生き方あり方を 問いかけてその返事が ひっきりなしに流れ込んできている。
それを、うたの中に込めている。


うたは、自分の考えではなく、自分を超えたものからやってきている。 自分の肉体を貸してうたっている感じ。

メロディーは 超シンプルだぁ~。だから、うた(作品)というより、光の粒子のようなもの。

その光は、求めている人には有効で、癒しをもたらし、求めていない人には、通り過ぎてゆく。

**************************************
友だちが帰ってから、次男が いつもよりサクサク動くようになったような気がする。


昨日は、次男が 今年の夏のリトリートのチラシとても素敵に仕上げてくれた。虹のうたクラブの会員募集2016のチラシも。

ちょうど1年前から、次男にチラシや会報、CDのデザインを「家」の仕事として振り分けるようになった。

d0024504_13475948.jpg
(夏のリトリート日程決まりました!楽しくパワフルで心は静まる日々。日程あけておいてくださいね。お子さん連れで参加可能)



できるから 頼んだのではなくて、センスがありそうだし、試行錯誤する時間もたっぷりあり、できるようになりそうな気がしたから。

毎回、誰に教わるでもなく試行錯誤して、1年して サクサクこなしてくれるようになった。とっても いいもの作ってくれるんだよね・・

それで、
「チラシも作れるし、動画も作れるし、イラストも描けるし、ギターも弾けるし、うたも歌えるし、薪もとれるし、料理もできるし、草も刈れるし、そうじもできるし、将来有望!」と言ったら


「ありがとうございます!」だって。(笑い) チョー楽しい普通な暮らしだ~


いつも、家の仕事の中から新たなジャンルを振り分ける時、

「学校にも社会にも所属せずに、それはそれで、いいと思うけど、この暮らしを支えて そこから学ぶことで ひとりの人間として自立してゆく道がひらけるよ。」「どんな仕事も頼まれたことを 喜んでやってゆけば 生きる力になるよ。」って 言って来た・・


ちょっと前までは なにか 頼まれると露骨に嫌な顔をされることもあったんだ。
そんなときは めんどくさがらずに、向かい合った。同じことを 何回も伝えたな・・

そして、そのココロが 腑に落ちたのかな。日常が 楽しくなってきたよ。


わたしも次男も 独学タイプ。

自由に、たくさんのいのちと交歓する暮らしを続けるには、日々の学びや試行錯誤がとっても大切だと感じている。
言いかえてみれば 傷つくことを怖れず ありのままでいること。


そのありのままを 理解する人は少ないかもしれないけれど、起きる出来事全てを引き受けて乗り越えてゆくうちに 

どんどん透明になってゆく。

d0024504_13494367.jpg
さて、にじのうたクラブ 2年目の会報 作成に入っています。
いま 会員は39名です。会員は 年会費 3千円から 参加可能(お楽しみCDは5千円から 送付されます)

是非、自主的に つながってくださいね。

2月1日から月末まで 会報とCD作成のために お手伝いくださる方 遊里庵滞在 歓迎です!
2月10日~15日は 静岡へ行くため 留守です)

みんなで暮らして クリエイティブになると シンクロがすごい。
そして いつもまにか、前向きに変化が起きている。
また 近いうちに 別立で 記事を書きますね。


by ainohanaMusic | 2016-01-22 13:17 | 心の旅日記 | Comments(0)