愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ご先祖を供養する

11月24日 安芸市の考える村 山荘都で目が覚める。
車の音もない、静けさは やすらぐ。

八星が目覚めるのを待って ベランダでブランチ。
海が見える山の中・・
d0024504_13213480.jpg
吉本家先祖代々のお墓は高知商業高校の裏山にある。9年前の火事の翌年、思い立って父と高知で待ち合わせをして 場所を教えてもらった。
ほんとうは 2か所にあったというお墓は、ひとつは 山ごとなくなっていて、父はショックを受けていた。今では高知に暮らす親戚はいなくて、もう何十年もだれもお墓参りに行っていない。両親が祖父母のお墓に名前を入れていないことを気にしていたので、かろうじて見つられた祖父母のお墓に名前を入れることと お墓参りを続けてゆくことを 引き受けた。
わたしが 両手を火傷して包帯姿で ひとりで山へ お墓参り(お墓掃除)に行こうとしていたら、当時 コンサートの主催されていたKさんが、同行してくださった。以来、タイミングが合えばKさんは お墓参りにつきあってくださるし、祖父母のお墓に素敵に名前を入れた高知在住の石の彫刻家も紹介してくださった。
今年も、Kさんは来て下さって、八星と3人で 1年半ぶり 落ち葉を片づけ、草を刈り、お花を生けて ろうそくをともし、お経を読んだ。所要時間2時間~3時間。山の中のお墓は やることが 満載。気持ちよかった。
d0024504_12051046.jpg
今年は 祈る時、自分が今後やってゆきたいことが 明確になっていた。長い長い時をさかのぼると きっと、同じ志を持って生きていたご先祖もいらっしゃるからこそ、わたし自身のいのちと生きざまが ここにあるのだと感じた。八星も 今後の活動、方向性が明確になってきている。お掃除して祈り、先祖の応援を受けて力を得た感覚があった。不思議。
d0024504_12052726.jpg
Kさんを 彼の事務所に 車で送り、お礼にミニミニコンサートをさせていただいた。
そして、また、車を1時間半 走らせて 山荘都へ。着いたのは かなり遅かったけれど、昨夜 仕込んでおいたカレーと 高知の地酒をいただきました。
山暮らしは、いいな~

by ainohanaMusic | 2015-11-27 12:49 | 心の旅日記 | Comments(0)