愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お寺deコンサート in 厳浄寺 耶馬渓

28日 宇部から 大分は耶馬渓へ。
この日は コンサートだったが、泳ぎたかった。
森や水の中、一人の時間が少なかったので、体の中が情報過多になっている。
厳浄寺に入る直前、温泉の看板を見つけて 少し遠回りして温泉でシャワーとお湯で心身を清め、お寺へ。
d0024504_00064506.jpg
1年ぶりの耶馬渓と厳浄寺。
耶馬渓の山々は不思議だなあ・・岩の形 なんとも雰囲気が・・・
そして、厳浄寺の奥さんの和代さんと、2回目のコンサート、昨年よりずっと親しく、馴染んで一緒に会場作りをした。
d0024504_00044982.jpg
今年は、和室で アットホームなコンサート。
この一年で住職さんが お父さんから、ご主人に交代されたとのこと。
お父さまも、由香思さんも とてもお元気な感じ。
お二人とも、知識豊富、研究肌で、この世離れした感じがあり、わたしの父とどこか共通項があり、なんだか落ち着く。

耶馬渓で最初のコンサートを主催してくれたまなちゃんが、準備から手伝いに来てくれた。
家業が忙しく、まだ小さいお子さんがいるが、「1年に1回 会えるなんて テンションあがる!」と喜んでくれて・・。
また、今年の8月におかあさんが光に還られたこと。わたしの作ったお守りネックレスを大切にしてくださっていたので、
家族の気持ちとして、棺にネックレスを入れたこと 伝えてくれた。そのネックレスは・・たしか深い静けさという名前だったと思う。

d0024504_00043222.jpg
また、気になっていた友人が、思いがけず途中から、目の前に座っていた。ここ数年の苦しみから解き放たれて自由になり、キラキラした瞳でうたを聴いていた。なんて ありがたいことだろう。節目節目に出会えること。うたを通して応援できるチャンスがあること。

さて、この日の 選曲は 1曲目が「すべての色をそなえている」
1曲目をうたい終えると、先代住職が 質問して来た。
「どこで そのこと(うたの内容)を 学んだのか?親鸞聖人が 言っていたことと同じだが。」と。
答えるのに、困ってしまった。わたしは親鸞聖人の本は読んでないので・・。うたの内容は 夢の中に流れていたものでもあり、いつも感じていることでもある。

そうですか、親鸞聖人は なんとおっしゃっているのだろう?、
また、読んでみたいし、先代住職さんとも ゆっくりお話しさせていただきたいな、と思ったのでした。

コンサートのあと、すぐに和代さんが「来年も よかったら 来てね。」と言ってくれて
アンケートにも そう 書いてありました。まなちゃんが 言ったとうりだな・・・確かに「毎年 会えるなんてテンション上がる!」
そういうつながりが生まれてきていること 1年1年のお互いの成長と変化を感じながら積み重ねている出会いの機会が与えられていることに、ほんとうに感謝です。





by ainohanaMusic | 2015-11-01 00:42 | 心の旅日記 | Comments(0)