愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

虹色コンサート in 繭蔵

9月5日 生まれる の上映会の撤収が終わったその足で、ひこさんと 志村さんと 翌日のコンサート会場 繭蔵へ向かう。
6日のコンサートの開場前の音響準備が 開場まで30分しかない・・・前日に 会場でのリハーサルとある程度の準備をすることにした。

ありがたいのは、いつもながら のぞみさんや 泰子さん そして志村さんの協力体制
お店の方も 柔軟に こちらの希望を受けてくださり、コンサート設営の段取りができた。夏秋さんのてきぱきとした 動き、実践力にもいつも脱帽。さて、安心して ひだまりの郷へ戻ると、敬子さんが主催者自ら 打ち上げの準備(お料理)をしてくれていて、ご主人のノブさん、スタッフの中で残れるメンバーが待っていてくれていた。ありがたいな~あたたかいな~ そして、2月から温めていた この企画が 成功したことに心から嬉しかった。良くやったね、敬子さん!!

6日 ランチを 繭蔵で。
特別ゲストの るみちゃん、スタッフのみんなが 続々集まってきた。
ああ、今日も うれしい一日。
d0024504_18440972.jpg
虹色コンサートの主催の虹色チームは、4年前 虹色コンサートの初回から みんなが 集ってシェア(わかちあい)を重ねながらコンサートを企画してくれている。外からどうみられるかとか 常識にとらわれるということを超えて、みんなが より自分らしい人生を歩んでゆきたいと お互いを支えあい 本音でつながる場を作ることと、コンサートの運営が 同時並行的に行われている。
d0024504_18425340.jpg
一人一人が より自分らしくなると 毎年 みんなから 感じられるエネルギーが変化している。
だから、逢うこと それだけで 嬉しく感じる。
d0024504_18431053.jpg
今年は わたしの直感で るみちゃんを特別ゲストに迎えたの。
るみちゃんは 社交ダンスのプロの選手として 踊りの技を鍛えてきたけれど、「見せる」踊りに限界を感じて辞めたところで わたしとの再会があった。わたしは るみちゃんは、本来は 感じるままに踊り、自然界と人とをつなぐ妖精のような存在と感じた。鳥のピーちゃんとの交流が 白雪姫みたいなの。心が通じて おとぎ話の様。
d0024504_18434581.jpg
また、今年は わたしの新曲は シンプルな 踊れるものが 続々生まれてくる感じ。
不思議だな~
踊ると みんな心がひらかれて 子どものような笑顔になる
d0024504_18435901.jpg
夏秋さんの演奏は いつもながら シャープで ユニーク。
d0024504_19051754.jpg
今回 初めて 公開トークという形で シェアの時間を持ちました。
まず、わたしと敬子さん、泰子ちゃんが 虹色コンサートの 始まった流れを話、そのあと、3人の方が 感じたことを話しました。
最後が 小学校5年生のSちゃんだったのだけど。
自分らしくあるということに、年齢は 関係ないんだな~

ほんとうの自分を生き始めると 人は成長するし たくましくなる。
Sちゃんは 虹色コンサートの集まりが大好きだし、安心して話せる場所だという。
自分が まだ どんな大人になりたいか 決められていないことと 周りが簡単に将来の目標を決めていることに 隔たりを感じ 孤独も感じている。

みんなが 大切な想いを話してくれて 話さなかったみなさんも いろんな思いを感じたことと思います。
d0024504_18422945.jpg
コンサート終了後、繭蔵で 参加できるメンバーで 打ち上げをしました。
そこで さらに みんなが 感じてることをきくことができました。

シンクロしてる。
来年が もう想像できないくらい 一人一人が 自分の道を 確かに歩いているな。

素敵な 一日でした。

のぞみさん やすこちゃん、夏秋さん、るみちゃん、スタッフのみんな、来て下さった みなさん ありがとう!! 



by ainohanaMusic | 2015-09-09 19:14 | 心の旅日記 | Comments(0)