愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

次男 バイト探しから ファーストライブへ

ブログとフェイスブックを 日頃使い分けている。


ブログは ある程度時間があるときに 書く。アップする前に 読み直して 手直しもしている。
フェイスブックは、時間のない時でも 一瞬の想いや 近況を 投稿する。
ほとんど 瞬間技。

もうすぐ北海道ツアーに出発(10日 出発です)なので やることが多いので、今日は
フェイスブックの 投稿記事をそのまま こちらにも 紹介します。(いつもは、ブログ用に 書き直しています)

このごろ、いろんなことが 同時進行で いい感じで スピーディーにシンクロして進んでるような気がします。

**********************************

【7月4日にフェイスブックに投稿した記事】


次男が 週に3日くらい うちから 通えるバイトを探しているが、
なかなか決まらない。


「ママ、どんな バイトやってたの?」
「そうだね・・最初は 無農薬の八百屋でバイトして、次は 無認可保育園の保母さんを 産休代理で2回分 やって、その次は 世間を知りたくて、ファミレス、高校生のバイトにいじめられた(笑い)それから、健康教室でバイト、そのあと、不登校の子どもたちの施設で働いて、そのあとは、夜の社交ダンスホールで タンゴバンドのバイオリン弾き、そして、私立の学校の事務をやって、自然食レストランを手伝って、環境保護の雑誌の編集をやって、映画や広告の編集工房で 働いた。」20歳~28歳の間 よくぞ 世間で働いた・・・

音楽が 自分の天職だと 気がつかなかったので、適職を探して いろんな仕事を経験した時代。どの仕事も 腰掛のような感覚で、落ち着かなかった。

「ママは 面接で落ちたことある?」

「そういえば 一度もなかった。たぶん国立の4年生の大学を出てたから 学歴で 見たのか?正社員にならないか~という話しが  なんどかあったよ。それで、2回 正社員になって、疲れちゃって 人相変わったかも?(また戻ったけど)バイト歴は 8年 そのご、音楽人生で、一度もバイトしてないよ。 」

**************
次男は 学校にほとんど行ってないし、家での音楽、田舎暮らしの仕事と 半々に バランスよく暮らしたいので 週に2~3日のバイトを希望してることもあり、条件も合わず、なかなか 採用されないんだと思う。

「八星とママに共通してるのが 普通のことがなかなか普通にできなくて、人があまりやらないことに 集中できるタイプだから、 自分にしか できないことを 始めてみたら?・・・ライブ やれば・・」


ということで 1時間くらいの 投げ銭コンサートから ご縁のあるところで 始めるかもです。オリジナルと カバー半々かな?

声もギターも素晴らしいと感じる。人生経験は これから。
長男も次男も、なにか 始まる感じ。本質に近づいている。



【7月6日 投稿記事****】

次男 19歳、ファーストソロライブが 決まりそう。

しばらくぶりに メールをくれた友人に 次男が歌い始めていることを伝えたら、とても興味を持った。是非、聞きたい!!と・・
それで、次男が オリジナルやカバー曲をレコーディングして紹介しているページのアドレスを伝えたら、

https://soundcloud.com/8stary

「すごく癒されて 友達に 紹介しまくっている。」という。


次男は火事で亡くなった パートナー下村誠さんのうた「海への風」を ユーチューブで見つけて 耳コピーして うたいはじめた。
彼が亡くなった後、過去から新作まで 彼のうたを通して聞いて、わたしの心に一番素直に 溶け込んだうたが「海への風♪」だった。

誠さんの 透明な心が そのうたには 現れていて、誠さんの魂も ふるさと 「いのちの海」へ還ったのだと 感じた。

次男が その歌を選び うたいだすと その声と雰囲気に 誠さんが重なってリアルによみがえり どっちがうたっているのか わからなくなり、一瞬 時が止まった。

友人が 癒されたうたは、その曲だったらしい。
友人が、わたしに「八星のコンサートがあったら行きたいので教えてほしい。」という。

「コンサートは 今のところ・・・なさそうだけど、もし、企画してくれて交通費がでるなら、八星は ギター担いでいくと言っている。」と伝えたら、喜んで 企画すると 返事が来たのです。

******************
9月6日(日)山梨にて、次男のファーストソロライブになりそうです。

*********************
長男も次男も動き出した。ひとつ 扉をひらいて その先の風景は どんなかな? 

わたしのファーストライブは 東京は渋谷の アピアというライブハウス。
確か、21才くらいだったと思います。

「花びら流れて」が 小金井公園で降りてきて、その曲を 友人のライブのゲストで歌ったら、ライブハウスのマスターから あなたは歌心がある・・・次は ソロライブを やってほしいと言われた。ギターも弾けないし、コードも 分からないので 友人達 3人をスカウトして、手伝ってもらい、初めて のライブを やった。

めちゃくちゃ 緊張していて、そのうえ心は舞い上がり、ライブ終了後、バイオリンケースだけ担いで帰り、
バイオリン本体を ライブハウスに 忘れました。ありえない忘れ物・・・

懐かしい思い出が よみがえります。



by ainohanaMusic | 2015-07-06 18:55 | 心の旅日記 | Comments(0)