愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ウォーキングフラワーセラピー&いのちのうた 森に帰る

6月28日
朝9時 のぞみさんの森へ到着。
のぞみさんは 庭師であるご主人とお子さん、ご主人の御両親と大家族で暮らし、
そして いつの頃からか、静かな早朝に 誰も行かない森で 森と対話し、心を整え
また、森の中で 歩きながら 心に留まった植物のいのちをいただき、花器に生け 自分の心を感じる ウォーキングフラワーセラピーを開催するようになった。
d0024504_01431916.jpg
数年前にコンサートを聴いてくれた時、その場で「わたしの家でも、コンサートをしたい。」と申し出てくれた。
その時は、家族のお許しが出なくて、「虹色チーム」が生まれて のぞみさんと敬子さんの仲間たちが いろんな場所を借りて、コンサートを一緒に企画するようになって 今年で4年。

一方 わたしも「虹のうたクラブ」を立ち上げて、仲間たちの 天職とのコラボを始めた。そして 気がついたら、この日、のぞみさんとのコラボという形で  のぞみさんが最初に やりたかった森でコンサートを やっていた。
d0024504_01311566.jpg
お天気も 素晴らしい晴天。
そして、るんちゃんの 酵素玄米弁当、おいしかったし ゆっくりくつろぐ時間も シェアも ワークも コンサートも 緩やかな時間の中で しっかりと深まっていった。
d0024504_01324504.jpg
食後に、さらに 泰子ちゃんの差し入れの ベーグルと珈琲 
そして、千裕ちゃんが まるちゃんの子どもの託児を引き受けてくれていた・・ ありがとう!!

純粋な意図に集中して未来をクリエイトしてゆく。 のぞみさんと1時間前から その場所で意識を合わせ 瞑想と打ち合わせをした。

うたを歌うときも マイクもないし、声がやっと出始めたところだから 絶好調までは いかないけれど
外側ではなく ハートに集中してゆく。蓮の花ミーティングで 「今 ココ」感覚の重要性が分かって わたしも のぞみさんも 
原点に帰ることができた。

森に包まれた6時間で 改めて気がついたことが あった。
わたしは いつも大切なことは 森の木々や 空や風や 大地に問いを投げかけ 心を澄まして 答えをうけとり続けてきた。
のぞみさんも 同じ。そして この頃 出会ってるみんなが そのような 静かな時間を持ち始めている。自然との対話。自分を感じる時間。森も 大地も 深々と わたしたちを包んでくれていた。

もともと、人は そうだったのだろう、~わたしたち。森でもいいし、海でもいいし、空でも 大地でもいいけれど
わたしたちを生かしてくれている 無数のいのちの営みにダイレクトにつながり、感覚をひらくと、いろんなことが そぎ落とされて
マインドが静まってゆく。
d0024504_01314853.jpg
d0024504_01530779.jpg
この日は、のぞみさんも この森で うけとったうた♪いのちのリズムを歌った。

そして、この日の夜、ひだまりの郷の 敬子さんも 2月に聴こえてきたという ♪ひだまりの郷の練習を始めました。

次に 青梅に行くのは 9月  なんだか みんなが どんどん 自分らしく 道を歩き始めている。

たくさんの小さなコラボ 一人一人の天職が なにか 無数の草のように 芽吹き始めている感じがする。




by ainohanaMusic | 2015-07-01 02:26 | 心の旅日記 | Comments(0)