愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

断食3日目 そして 夏のリトリートのうちあわせ

突然 思い立って 断食3日目


今日で終了ですが 今回は 普通の暮らしの中で 実践してみて 面白い発見がありました。
1日目は、いつもと変わらず 畑の草取り、神社まで散策と買い物とさまざまな雑事をこなし、ついでに1キロ泳いで平気でしたが、夜くらいから からだが重く、眠くて仕方ないので9時に就寝。
 二日目の昨日、頭痛(珈琲中毒だからかな?珈琲切れ)と、頭が ボーっとするのと、体が重いのと・・

その状態で 高速バスに乗り 東京へ。バスでは 行きは ずっと寝ていました。


4時間の とある講座に参加して、そのあと、友人達とお寿司屋さんへ。わたしは、飲み物だけを注文。歓談が 楽しかったのです。
長野へ帰るわたしは みんなより 一足先に 時間に間に合うように、新宿へ急ぎました。

講座に集中してるうちに 体の状態が いつもの快調な状態に戻っていました。みんなが お寿司を食べていても、自分はウーロン茶で全く大丈夫。


3日目の朝 今は、体の重さは ない  おなかもすいてません。


榎本さんの不食 30日の記事 興味深く読みました。


今回は、あさって長男が帰ってくるので 3日で終了し、2日でゆっくり戻し、子どもたちとの 食べる生活に戻ろうと思うけど、
そのうち、不食も トライしてみたい・・なんて 感じました。ちなみに、不食については 賛否両論あるようですが、

意識と体の状態を変化させることによって、必要なエネルギーを空気中のプラーナから 取り入れることができるそうで、

食べなくても 必要なエネルギーを得て 健康に生きつづけている方が います・・体重も一定以下は減少していない・・驚きです。


ただし、断食も不食も 安易に 取り組むものではなく 十分に心と体の状態を内観しつつ進める必要があります。


わたしは、体を整えるための断食(一時的に食を絶つ)つもりで 始めたのですが 途中で 不食(食べなくても生きていける)のインフォメーションがやってきて、意識の持ち方が変わり それを体が受け入れたみたいで、二日目の午後から、空腹感と 体調の低迷がなくなりました。二日目の友人たちの夕食に同席しても うらやましいとも感じず、楽しく歓談をしたのです。


みんなは、食べる人、ワタシは 食べない人と意識がすっきりしていて。不思議です。


断食と 不食は 意識の持ち方が根本的に違うみたいですね。


ちなみに 断食がなぜ健康法になるか? というと 多くの不調の原因は 食べ過ぎ。

胃腸を、年がら年中働かせて 疲労し感覚がマヒしている状態。(だから食べ続けられる)断食に入ると 消化吸収に取られていたエネルギーが 他のところへまわりだすので 不調なところが 活性化して からだがだるくなったり、いろいろ反応が現れます。また、今まで消化しきれなかった腸壁についていた汚れとかも 宿便として 排出されて 血液がキレイになるの。


注意したほうがいい点は 回復食を 2日はかけて ゆっくりいいものを体に入れてゆくこと。


****************************
さて、わたしの断食の直前に断食していた ひまりさんから 今朝 電話がありました。

d0024504_15422181.jpg
(今日の収穫・・まだ 食べれないけど、次男に・・そして 夏のリトリートの時は みんなで食べよう)


お互いの断食の報告と、近況報告と、それから 夏のリトリートの打ち合わせをしました。


ひまりさんは 今年の遊里庵の夏のリトリート(8月7日~10日)のスタッフ。 彼女は初期のリトリートに参加して以来、スタッフも数回つとめていて また 久しぶりに来てくれることになり とても楽しみ。有能なヒーラーでもあり、信頼しています。

ひまりさんは 松本で「まなや」という創作料理のレストランを運営しています。そこには ヒーリングのためのお部屋もある。日頃から「食」と「癒し」を天職にして暮らしています。

今回は お食事も ワークと意識の解放に合わせて 胃腸に負担のないように、1日 2食にしようとひまりさんからの提案。

その方が 時間もエネルギーも インナーワークに集中できる。そうだね、今回は そうしよう!


でも、お腹がすいた人には 朝やおやつ時に 青汁とバナナのスムージとか
玄米酵素豆乳ヨーグルトとか 消化にいい 発酵食品を出してもいいね。


いろんなイメージが湧き出てきて 楽しみになってきました。



そして、オプショナルも とても豊かでお得なボディーワークとクラフトワークが4つ設定できそう。

① 子宮バランスセラピー 感情も浄化する 深い癒しのボディーワーク

② アロマタッチ 背骨、自立神経を整える アロマを使ったボディーワーク

③ 関節を緩めるボディーワーク ねんざのあととか 不調が回復します。 からだをデザインするワーク


④ 木工ワーク スプーンやかんざしなど 小物を自分で作るワーク

①②がひまりさん担当で ③④は サラが 担当(更家さんも 久しぶりにスタッフに来てくれます。初期のリトリートに参加し、スタッフも 何回も経験していて サービス精神旺盛な ユニークなあたたかい存在です)


ひまりさんのヒーリングも サラの施術も 木工ワークも、 受けたことがあり、どれも おすすめ。


ひまりさんは 深いところに眠っている感情とアクセスできる方で 感情の癒しが起こるし、リーディングもしてくれて

それが、思いもよらないけど、あたっていて、笑えて元気に 新しい自分の背中を押してくれます。



リトリートは、今の自分を深く感じ受け入れ、変容するプロセスが確実に起きる空間ですが、ひまりさんも、更家さんも わたしも スタッフ、オーガナイザーという以前に、この時間 空間を 自分自身の気づきの深まりの時間として とても 楽しみにしているところが 原点に戻った 感じでうれしい。


リトリートも11年目、自分と向き合う楽しく豊かで、よりピュアな空間へ志します。

Let’s join us!!



 



by ainohanaMusic | 2015-06-19 14:24 | 心の旅日記 | Comments(0)