愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

暮らしの力

昨日、一人暮らしの父の暮らす 藤枝市から戻ってきた。
d0024504_09572690.jpg
今回は、猫のライカも連れて行ったので 猫の視点から 二つの暮らしを感じ取ることになり 土に根差した 静かなわたしの暮らしに戻れてライカ ともども ほっとしている。
 ライカにとっては 初めての長旅。2時間は 不安で鳴きつづけていた。膝に乗っけて話しかけ、撫でながら運転。休憩すると 少し安心して、次第に状況を把握して落ち着いてきた。父の家では 広い家を探索し、すぐに落ち着き、ものかげで静かに数日を暮らした。
 これからのことを考えると父とライカのお世話を 同じ場所で やれないと 動きがとれないので 今回 思い切って連れてきた。いざとなれば、連れて来れるとわかって 良かった! 父もライカを歓迎してくれた。

静かな自分の暮らしは落ち着くけれど、 父の家では わたしは ゆっくりと家の掃除や食事の支度などに専念できる。 
 
父の家では 家や庭、畑や 薪の管理も 経済的な責任もないので、リラックスして自分のできることを ただ一生懸命 やるだけですむのは、ありがたいことだ。

わたしの暮らしの特徴は なんといっても静けさ。外からの情報が 空気の中に流れていない。
土と触れる暮らし 祈りと瞑想と散歩、すべての 現実的な 出来事の答えを 自然とのかかわりの静かな時間から感じ取って うけとって決めているのが わたしの暮らしの特徴。

d0024504_09541704.jpg
              (これは、ヘンプアクセサリーのお直しを 太陽と風にあてて浄化している)
d0024504_09542839.jpg
    (次男と始まった 次のCDのレコーディング・1曲目は 大沼さんの♪うつくしの空にとりかかっています。)

父は 本とメディアから つねに情報を 収集して 考えている。
d0024504_09554878.jpg
     (これは父の書庫です)
それぞれの暮らしの力。触れているものから 与えられている。

父の家では、テレビは朝から各国のニュース番組・夜は大音量でクラッシック音楽。膨大な本が 家を建てた時に特別に作った書庫に収まりきれずに 溢れている。父と話すと、父の膨大な知識があふれ出て 止まらなくなる。
d0024504_09551144.jpg
              (こちらは わたしが日々散策する、高烏谷神社の赤松)
d0024504_09564294.jpg
            (今朝、行ったら これより 3倍くらい大きくなっていた ズッキーニ)
d0024504_09552853.jpg
  (ある日の わたしのブランチ。玄米発酵ヨーグルトとイチゴ、アスパラと玉ねぎ入りのたまごなしお好み焼き、自家製甘酒)

インスピレーションの源は 自然から やってくる。
そのことを いつの頃からか 体得して、なるべく人為的な情報のない時間を 中心に回っている わたしの暮らし。

わたしは、大学進学時に 親元を離れて 東京に出た。
そして 子育てを機に 自然の中で暮らし始め、そこで パートナーと折り合わなかったので、森に自分の場所を求め、導かれて自分の源泉と出会った。
その静けさと やすらぎ、大きなもの。
それが また 今 父と一緒に暮らすときに わたしを包み、父をも包み ひとつにしてくれているような気がする。

by ainohanaMusic | 2015-06-17 10:40 | 心の旅日記 | Comments(0)