愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

アミ

アミが逝ってしまった。
あんなに元気で2月の頃は 高烏谷神社の散歩にもついてきた。

アミは なにかとあわただしく 注意の行き届かない3月末に猫風邪をひいて
ひっそりと天井裏で 寝込んだようだった。
 登場するときのテーマボイス、ソプラノのなんともかわいい声が出ずに、変てこなしわがれ声で 下に降りてきたときは ずいぶん痩せていた。それでも たくさん水を飲んで 回復するかと思ったが、回復せず、
病院に連れて行って 抗生剤と特効薬注射をしてもらったが、やっぱり食べれず、手製のスープをシリンジで飲ませたが、嫌がって やっと歩ける状態で 外へ出てしまった。

朝7時に 家を出て 暗くなってから帰ってくる・・を二日。調子が悪くなっても、撫でられるとうれしそうだったから しっかり撫でて話しかけた。そして 今度帰ってきたら、ストレスにはなるだろうが、出口のない部屋に収容して、栄養と水を人工投与しようと心に決めた時は とき遅し・・もう 帰ってこなかった。

アミは不思議な存在だった。
甘えん坊の野生。
自由で気高く、まっすぐ。
なんだか、死ぬことも 邪魔立てできないような 不動さがあった。
隣の家で 救いを求めて鳴いているのを拾って、3年弱。

出会えてありがとう。うちに来てくれてありがとう。
あなたの生き方と死に方はおんなじで まっすぐ不動、ありのまま。
虹の橋を 迷わず渡ったんだね。

今も これからも愛してる。
d0024504_21445646.jpg
 アミの唄

愛してる いつまでも どこまでも 君のこと
ありがとう 共に生きる 君のこと 愛してる

隣の家から聞こえてきた 求めてる君の鳴き声
顔が大きく 手足が小さい 狸みたいな 不思議な君

 甘えん坊の君は か細くソプラノの可愛い声で
 人にも猫にも甘えてきて すっかりみんなの子どもになった

 大きくなったら野性的で自由な君は 外歩き
 3日も4日も帰らずに 可愛いソプラノで帰宅を告げる

気高くて 自由な君の ありのまま 愛してる

あの日虹が 輝いた 陽がくれる頃 光がさした
君は虹を渡ったんだね 君らしく まっすぐ逝ったね

愛してる いつまでも どこまでも 君のこと
ありがとう 共に生きる 君のこと 愛してる

気高くて 自由な君の ありのまま 愛してる (2015.4.12)
d0024504_21324110.jpg
             (今日は満開の桜 天竜川のほとりで ランチを食べました)



by ainohanaMusic | 2015-04-12 22:35 | 心の旅日記 | Comments(0)