愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

もりのいえのまあさんとまちこちゃんが遊びに来たこと

3月3日 おひなさまの日
岐阜の加子母のもりのいえのまあさんが、かわいらしいおひなさまのような もりのいえのスタッフ真千子ちゃんを連れて来てくれました。
午後3時に 温泉で待ち合わせ。
つやつやの顔のまあさんと真千子ちゃんと再会。
つやつやの秘訣は もりのいえに1年くらい前に 導入された「まこもぶろ」だとか・・・

さて、温泉で語らって、遊里庵について、夕の勤行とシェアをして、八星が料理してくれた鍋と、キンピラゴボウ、ポテトサラダ
まあさんの揚げてくれた天ぷらで夕ご飯。そして晩酌。

翌日は 朝の勤行、高烏谷神社へいつもと変わらず、散歩&祈りに行きました。
いつもと違うのは 奉納したのが 3人だったこと。
まあさんの笛、わたしのうた、真千子ちゃんのうた

そうそう、このお二人の来訪の結果、真千子ちゃんが
4月1日から(新学期のようですね)もりのいえから 遊里庵へ引っ越してくることになりました。

みんな(わたしも)驚いていますが 天の計らいかな~と思っています。
自然体でなりゆきを見守り調整してゆきたいと思います。

ことの始まりは 昨年の夏前後だったか?
愛猫のスピカの容体が良くなくて、一日も欠かさない看護が必要になってきて、わたしも八星もいないとき、毎日変化する容体に対して対処できるスタッフが必要だと痛切に感じました。

わたしの暮らしは 畑もあり、できればいずれは田んぼもやりたいし、冬の暖を取る薪集めも3泊4日のリトリートの運営も人手が必要で、
ただし、音楽とリトリートとヘンプアクセサリー制作という 透き通った意識を必要とする仕事は、どの仕事も 静けさの中で集中してインスピレーションをうけとり、進めてゆくものなので、大勢の暮らしはイメージできず 一緒に暮らす仲間は 公募するものではなく 
慎重に、なおかつ、必然の導きにゆだねたほうがいいと思い、まあさんに相談したのです。
「スピカの看護の手が必要なので、遊里庵にも、もりのいえの真千子ちゃんみたいなスタッフが欲しいな~と思うのですが もし、どなたかいたら 紹介してください。」

スピカは 昨年9月7日 天に還ってゆきました。
それで、すっかり 頼んだことも忘れていたのですが・・・。

一方もりのいえでは、自分探しの途上だった真千子ちゃんが 一度諦めた 音楽家になる夢に向かって歩き出して、
それは、良かったのですが、もりのいえの仕事が 今の真千子ちゃんにはそぐわなくなり、相談を重ねているうちに、
まあさんに 閃きがやってきて、遊里庵に 彼女を連れてきた・・というわけです。

それで、遊里庵は 4月1日から わたしと 二人の音楽家のたまご(八星と真千子ちゃん)と共に、農的な暮らし、音楽つくり、みんなが自分に帰れる調整の場を作ってゆきます。

不思議な導きですね~そして どんなふうになるのかは 未知数ですが 音楽家のたまごが二人、
CD制作や イベントも大いに手伝ってもらい、楽しくやってゆこうと思います。

ちなみに 真千子ちゃんの得意な楽器はピアノ。そして、レコーディング(多重録音)も 自分なりに始めたところ。
そして。偶然なのですが レコーディングのソフトが 八星の使用しているものとおんなじ。
ほんとにおもしろい偶然です!
d0024504_18280268.jpg

by ainohanaMusic | 2015-03-08 18:36 | 心の旅日記 | Comments(0)