愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

そして、兵庫のまっくろくろすけ ツアーtheラスト コンサート

11月29日 兵庫へ

良く走った(車)18日間だった。

ラストの地だと思うと、まるで 運動会でゴールに飛び込むような気分になる。

最後まで、心身ともに元気で 良かった!感謝 感謝!!


昼頃着いたが デモクラティックスクールで 待っててくれたのは 福岡でお会いした滝上さんだった。

「わたし、福岡から こっちに引っ越したのよ。」

「あ~そうなんだぁ~!」


9月の蒜山で7年ぶりくらいで再会した小谷さんが、兵庫のまっくろくろすけでのコンサートを提案してくれて、「滝上さんと一緒に企画するから・・」とつないでくれてメールでやりとりしてたけど、実際 どこであった方なのか 良くわかっていなかった。小谷さんも兵庫から蒜山にコンサートを聞きに来てくれていたし、不思議だな、こうやって日本中をみんなが動いていて、タイミングがいい時に 再会したり、企画してくださったりする。


いつものように、音響の準備から始める。

会場を作るにあたっていつも聞くことなんだけど

「今日は 何人くらいの集まりですか?」

「それがね、わからないのよ。」

・・と、どうも その返事の雰囲気が すごく少なそうな感じがして、お渡しするチラシのセットも10セットに抑えておいた。(わらい)


それが、ほんとに少なくて4名さま・・

そっか~いつものように歌いだしたけど、うたってる途中で 切り替えた。

「今日は少ないから シェアしながらにしましょうか?」

輪になってのシェアを交えて 3時間・・終了しようとして、最後にリクエストはありますか?とみなさんにお聞きしたら・・・

「ずっと、いつ仏教系のうたをうたってくれるか待っていたのですが・・」と 手をあげた方がいた。

「そしたら、西方極楽浄土♪と 阿弥陀の国♪と どちらにしましょうか?」

「どちらもうたってください。」

「えっ?」「そうですか・・・」


このうたをうたい始めたら、一人は 立ち上がって 聴いていた。

場の空気が変わった。うたも、うたっているというより、なにかに歌わされている感じになっていた。


そして、その後、ツアーのご苦労さん会になって、

何かの拍子に 話しが ひとりの トラウマに触れたようで とてつもなくネガティブな彼女の発想のサイクルに みんなが巻き込まれて行った。

相当な辛い過去があるのだと思う。台風の目のような感じだった。


その彼女が帰ってからも、彼女の影響を受けて、彼女の話ばかりになっていたので、

「時間、もったいないよね。 そろそろ 自分たちの話をしない?」と持ちかけて

また、少し時間を過ごした。自分が変わろうと思わない限り変化はないのだから、「彼女」ではなく「わたし」のことを それぞれが話せたらいいな~と思った。


その中で 一人と念仏の話になった。

そういえば、さきほどネガティブな想念に捉えられて荒れた彼女は、コンサートの時

西方極楽浄土♪と阿弥陀の国♪のとき 急にたちあがって聞いていた。


やっぱり、意志や思考の力では溶けてゆかない悲しみ、苦しみ、絶望に あの2曲は響いたんだな~。

助言をしたり励ましたりしても、」逆にどんどん感情が激昂していったけど、静まってゆくには、一緒に念仏するといいよね・・

言葉では通用しない世界にも 沁みとおってゆく世界があるんだね。


なのでね、今回のツアーは祈りで始まり 祈りで終わったという感じがしました。


この夜は主催の小谷さんのお家に泊めていただきました。

とても 居心地が良かったです。


そして、翌朝

「また 来てね。関西を通るときは また コンサートをやりましょうね。」と 本気でそう思って、わたしに語りかけてる小谷さん・・・すごいなあ~!


はい!また行きますよ~!と、思うわたしも すごいかな?


今回、各地で ほんとに素敵な時間を過ごしました。いい友達に恵まれています。 みなさん ほんとうに、ありがとう!!



by ainohanaMusic | 2014-12-06 03:17 | 心の旅日記 | Comments(0)