愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

突然の来客

27日 8時 宮津のコンサートで初めて出会った60代の男性 0さんから お電話がありました。


「今、岐阜のもりのいえまで来ているのだけど そちらへ行ってもいいですか?」

「いつですか?」

「今日、今から あと2時間くらい後・・・」


あたまが ちょっと混乱・・・八星と一緒に働き始めた3日目。一日が貴重で充実感を感じている


・・でも 関西から 長野は遠いから、せっかく来てるなら・・

「いいですよ。」

すると、「まことに申し訳ないけど 片隅に泊めていただいたらありがたいですが。」

Oさんは、田舎暮らしを始めてネットで、もりのいえのブログを見つけ、リトリートに関心を持ち わたしのブログへ飛んで、ブログの最初の「旅日記」から、5年分を読破されて、宮津のコンサートへ 滋賀県から はるばる来てくださった。

断りきれずに お泊めすることにして、
でも、やっぱり、八星と 一緒に働きはじめて この日は 外回りをきれいにする日で、またその次の日は ご苦労さん日曜日で映画に行くことになっていたので

20分ほどしてから 電話をかけなおした。

「すみません・・実は 子どもとの計画があって、もし、夕方に来られるなら それまでに その仕事をすませておきますが、また お泊りになった翌日は 出かける用事があるので わたしたちは 出かけますが、それでもよろしいですか?」

「田舎くらしの仕事なら、わたしなんでも言いつけてくれれば やりますよ。」

・・それで やはり12時には 到着されて・・草刈りをしてくださることになった。

草刈り機の刃を見て
「取り替えなくては。」とおっしゃる。

判断はお任せして、わたしは、 リサイクルゴミステーションにごみ出し。 その足で いつものように 1キロ 泳いでから帰った。

帰り着くと、その方の指導の下に 八星が手伝っている。
草の刈り方、草のかたずけ方など、まるで親戚の叔父さんみたいに 懇切丁寧に教えてくださっている。

なんと、ホームセンターへも 八星を乗せて道案内させて 草刈り機の刃など買ってきてくださっていた。

夕方、0さんの提案で、温泉へ。

「外で食事をしよう 御馳走しますよ。」と誘っていただいたけれど、畑のとれたて野菜がいっぱいある・・・
「ピーマンと ゴーヤが豊作なので、ピーマンの肉詰めと、ゴーヤチャンプルにしましょう。よかったら手伝ってください。」と 提案すると
ビールをたくさん買ってくださり 夜は ゆっくりしました。

朝、一人で 高烏谷神社へ歩いて行かれたそうで
八星にしきりに 一番の健康法だから・・と神社まであるいて 山の水を飲むことを薦めていました。

Oさんは 台風のように去ってゆかれました。

いろいろなところで、平行線の会話も たくさんありました。

たとえば

魂は永遠(生まれ変わり)→絶対信じない

動物も個体によって まったく個性が異なり、高度なスピリットを持っている存在もいて、人にいろんなことを伝えてくれる→ 動物は動物、人と同じように接する人もいるが、それは、癒しを求めての 思い込みにすぎない

話がそういうことに 触れると 見過ごさず
「なにを言っても無駄。そういうことは 信じない。」
と、その話題に「関心がない」「受け入れられない」と伝えるところが まさに親しい親戚の叔父さんみたいでした。


わたしは コンサートでも思ったことを思ったまま 話しています。

きっと、言わないだけで、Oさんと同じような考えの方も 今までもいらっしゃったのではないか、と思いました。


魂は永遠だと 感じるようになったのは、死んだらどうなるの?という小学校の時ぶつかった大きな疑問に答えるような実際の出来事の積み重ねで確信したことだし、動物たちのスピリット(霊性)の高さは 猫を飼い始めて 相手が わたしを認識しているその認知度が とても高度で、心の機微をとらえるあり方は パートナーと感じるほどの深いものがあったから。


人は、疑問を感じると答えを求め、新しい空気を吸い、真理をうけとることのできる存在だから、

長年信じてきた常識からも離れて、別の見方も感じてみることができるような そんな空間を作ってゆけたらいいな。

なにが真理であるかは、それぞれが人生の旅の中で見つけてゆけるはずだから、

わたしは わたしの体験し腑に落ちたことを 丁寧に手渡してゆきたいな。


また、0さんが 高烏谷神社のお水が美味しいと言ったこと、朝の散歩を薦めてくれたことが

わたしにストーンと入って 29日と30日、八星と二人で 散策に行きました。

d0024504_00161298.jpg
そして、境内で 二日続けて 奉納したのです。

♪天からの水 ♪竜神さま

そして気がついた。


わたしは、カリフォルニアで 7年間 ほぼ毎日 山の神さま(森)にうたを奉納して 自分を調整していた。

奉納って、自然界の調和に 自分の波動を合わせてクリアな自分を取り戻すこと。わたし、毎日、こうして 山のかみさまに歌ってた。


 毎日 ここまで歩いてきて やまのかみさまにうたを捧げたい~と思ったのでした。

d0024504_00162973.jpg
わたしが歌ってる時、 静かに座って待っている 八星。

そのうち 八星も歌いだすかな・・・

d0024504_00154172.jpg



by ainohanaMusic | 2014-10-01 00:02 | 心の旅日記 | Comments(0)