愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

八星と働く日常

9月24日、当初は17歳になる姪っ子と本應寺で待ち合わせて、一緒に長野へ帰る予定にしていた。

 先月 夏のリトリートの前に 4泊した姪っ子が「将来は自然の中で 半農半Xの暮らしがしたい。」ということで、遊里庵の暮らしの仕事全てに 積極的に関わってくれて わたしも Mちゃんも 充実した4日間を暮らした。二人で仕事をすると楽しいし、はかどるし、グレードも上がる。また、17歳の若い心に伝えたいことがたくさんあり、伝わってゆくことが分かった。好きなことで暮らす・・好きなことを仕事にする・・その鍵は暮らしの中にある。

d0024504_23115507.jpg
1か月に1回くらい来たらいいな~と思ったら、Mちゃんも 同じ気持ちだった。

それで、次の機会を楽しみに待っていたのだが、残念ながら 来れなくなった。

4日間、姪っ子と一緒に創意工夫で働くつもりでいたので そのイメージが消えない・・

そして、気がついた。

Mちゃんに伝えようと思ったすべてのことは 18歳の次男八星に 伝えたいこととおんなじ。

八星はミュージシャンで自立することを目指している。自然の中の暮らしも今後も続けてゆくだろう。

3か月ほど 肉体労働系のバイトを続け社会勉強になり鍛えられたが 同時にかなり疲れたようで 今は辞めて休養中。

今がタイミング!


八星と朝から夜まで、一緒に働らくことにした。

「ママがやっている仕事のすべては 八星の今後(自立に)役立つよ!一緒にやろう!」


25日、東京で購入してきたたくさんの天然石やガラスビーズをまず、クリアリング(浄化)して、使いやすいように、分類整理、新しい作品作り。

おまもりネックレス作りでは、八星は「編むのはママがやって」と言う。

長年 編んできているので 編み目がきれいになるには わたしが 編んだほうがいいかもね・・・

そして、八星が 始めたデザインの後を引き継いで、編みながら またビーズを足したりして 共同の作品が出来上がった。新鮮!


26日、廊下のかたずけ、CDの在庫の整理

リトリートですべての部屋を使うために 収納スペースがなくて 廊下に物が並ぶようになった。

いらないものはリサイクルショップに持ってゆくか 処分することにした。

また、いつも忙しいので 7種類のCDの在庫が 押し入れで 訳が分からない状態になっていた。壊れやすい段ボールをやめて 野菜の収穫用コンテナに内容を書いたラベルを張り、きれいに並べて出し入れしやすくした。


さて、27日は 家の外回りの整理か、わたしの部屋の書類の分類か どちらかにしよう。28日は ご苦労さん 休日で 映画に行こうか~と話していたら・・・思いがけず来客が。







by ainohanaMusic | 2014-09-30 23:47 | 心の旅日記 | Comments(0)