愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

長男に会いに京都へ

16日、岡山の蒜山を出発して 一路京都へ。

京都では長男アマチが、自然服の「うさと」で働いている。

夜は、服飾の専門学校に通っているので、昼休みに一緒にご飯を食べるために 高速でまっしぐら。

ちょうど12時に着いて、アマチと 食事に行く。この日、アマチのアパートに泊めてもらうか 長野へ帰るか 決めていなかったが、

スピカが光に還ったので 今までのように急ぐ必要がなくなった。そして、アマチも この日は学校に行かなくてもいいと言う。

「じゃあ、買い物して 晩御飯作ろうか?」

ということになり、ランチのあと買い出しをし、わたしは アパートのカギをもらい、先にアパートへ。

d0024504_00222356.jpg


しかし・・台所が船の中みたい・・ミニミニ過ぎて 場所がない。

じゃあ、先にお風呂を用意してようか と思ったら 排水が詰まっている。(最初から詰まっていた・・とアマチの弁)

どうも勝手がわからなくて うろうろした後、お風呂の排水は気合で直して(水道屋さんも直せなかったのに・・とアマチが驚いていた)ハーブ風呂をつくり、台所は 部屋の方に 調理室を拡張して 料理し始めた頃、アマチが帰ってきた。


今度は アマチが わたしが広げたものに 戸惑っていたけれど、

まあ~なんとか 調和に達して おいしい晩御飯を二人で食べました。


メニューは餃子とサラダ、味噌汁。カセットコンロ 一口で まあ~やれるものですね・・

お皿もコップも 足りてないんだけど、そもそも料理する時間が なさそうで アパートは基本寝るのと、宿題をする場所らしい。

翌朝は、二人分のおにぎりと ちょっとしたおかずをお弁当に詰めました。


京都の町中はいろいろと便利だけれど

畑のある料理のできる 落ち着いた暮らしが わたしは好きだな~


わたしもアマチの年齢の頃は 東京に暮らしていた。

いろんなことが どんなふうにめぐってゆくのか、子どもたちのことも、一人暮らしの父のことも 見守り つながってゆきたい。


スピカは ずっと手厚い看護が必要だったので その分、他に時間が行かなかった。

今回 京都に1泊できてよかったな・・・


実は 夕食を食べた後、疲れが出て 寝たら そのまま朝まで眠りました。

アマチ曰く、「寝過ぎ」


いつも やることがたくさんあるので そんなにゆっくり寝たことがあんまりないんだけどな~

やっぱり家族に会うと安心するのかな。


久しぶりにアマチに会えて、そのうえ、たくさん眠れて よかった よかった。

               


by ainohanaMusic | 2014-09-19 00:26 | 心の旅日記 | Comments(0)