愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

長野への帰り道 友達と会う

7月27日 里美村の美木ちゃんの家で目が覚める。

大家族の朝の団欒の声が聞こえていた。

おじいちゃんと そのお友達、おとうさんとおかあさんと、こどもたち。


久しぶりの雰囲気だな~子どもたちは たくさんの大人にあいされて エッセンスを吸収して育ってゆくんだろうな。あったかい、懐かしい空気だった。


わたしは こどもが 小学校1年生と3年生の時から シングルマザーになった。

わたしの場合は、パートナーと別れて ほんとうに自分のやりたいことが できるようになった。


シングルになってよかったことは、毎日 自分が精選したことに まっすぐに取り組めること。どんどんチャレンジできること。たいへんなことは、やることが多くて忙しいこと。だけど、相対的に わたしの場合は わたしが明確になったおかげで、多くの出会いをいただいて 多くの友に支えられて コンサートの旅も 遊里庵でのリトリートも ひとりではできないことを つながりの中で実現させていただいている。


美木ちゃんの家から、気になってる茨城の友だちに電話した。

那珂市のこんさーとに来てくれた助産婦のりえちゃんと、今回はコンサートに来れなかった西野さん。

りえちゃんは お子さんを連れてたので、ひさびさの再会だったが、話をゆっくりできなかった。

西野さんは コンサートの案内を直前まで忘れていて、予定を入れてしまい、残念がっていた。


りえちゃんがうれしそう。

「電話が鳴ったら 有里さんだって もうわかってたよ。」


それで、速攻で相談がまとまり、おしゃれなカフェで 4人で合流。

西野さんが るみちゃんを誘ってくれて、久しぶりに 大切な友人たちに再会できてよかった!

d0024504_18485556.jpg
(西野さんが写真を撮ってるので・・・るみちゃんと りえちゃんと)


りえちゃんが わたしの誕生日の前祝にケーキをオーダーしてくれて、るみちゃんは ランチをごちそうしてくれた。お茶して、まだ 一緒にいたいので ランチして、2時前に わたしは 長野へ出発。


途中で 大風と大雨が降り そこを抜けたら晴れていて

d0024504_18490744.jpg
南諏訪で高速を降りて、途中で温泉につかり、猫や八星に 食材を買って 夜9時半に帰宅。


わぁ~~草ぼうぼうだ。

八星は バイトで疲れてるので 寝てるかな~と思ったら、車に満載した機材を降ろすのを手伝ってくれました。


スピカも、アミも ライカも元気だった。よかった~

18歳の八星は、普通には餌を食べれないスピカに 16日間 特別食と 薬を 与えることができて、バイトも休むことなく通えて、家の中も それなりにかたずいていて、ずいぶん 成長したな~。ありがとう。


28日、今日は 夏秋さんが 八星の音楽の先生として来てくれてました。

8月31日 伊那の虹の市で うたうそうです。


オリジナル曲ができてるみたいで、昼ご飯を食べてる時

「ママ、新曲ができたことに気がついた?」

と聞くの。

「うん、気がついたよ。」

「いつ作ったの?」

「ママがいないうちに。 どうだった?」

「遠くで聞いてたから良くわからないけど、いいんじゃない。」


いいんじゃない・・じゃあ、不十分みたい。

「後で聞いてね。」


はい。


そして、今日は 朝から 畑の草取りで 汗かいた。


さあ~長野での暮らしの始まり。


田舎暮らしのスイッチオン。今夜のメニューは 畑の野菜の天ぷら。






by ainohanaMusic | 2014-07-28 19:02 | 心の旅日記 | Comments(0)