愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

1年ぶりの野草広場コンサート

6月21日 袋井市の野草広場でコンサート。いつもながらおっとり、ふくよかな声の石垣さんが迎えてくださった。

まずは、野草広場のカフェコーナーで有機珈琲をいただき、そのご 2階の 野草広場の会場設営。いつものように、2時間前には自主的に こいちゃんが手伝いに来てくれて、まもなく ちえちゃんが来て受けつけに座ってくれて、ほんとに 助かる~家族のような仲間のチームワークが生まれてきている。

まず 会話は 光になったばかりの素子ちゃんのことから 始まる。みんなが 素子ちゃんの存在を感じながらコンサートを準備した。

d0024504_20013007.jpg
1年前、この場所で 仙台から移住してきたばかりの大沼さんと初めて出会った。今年は、大沼さんが わたしに送ってきた 大沼さん作詞作曲のうたを2曲 ライブの中でうたい、シェアの時には もう一曲 うたった。ご縁は不思議。1年前のコンサートで わたしが「聞こえてくるうた」を うたっていることを聞いて、大沼さんも47年前に聞こえてきたメロディーを思い出し、 歌詞をつけて、わたしに贈ってくれるようになった。いのち♪は 津波の鎮魂と希望のうた。うつくしの空♪は 福島の希望のうた。どのうたも 味わいのあるいいうた。 
d0024504_19562006.jpg
 (大沼さんは 右側。わたしへの敬意のポーズだって・・(笑い)ワン!・・可愛くて、面白い。隣は、パートナーの羽倉さん)


2時間のコンサートのあと、シェアタイム。みなさん、ほんとにじっくり話した。

d0024504_19560447.jpg
そして、そのあと、石垣ご夫妻に、もうひとりのお友達と4人で 夕食を御馳走になった。お話は、ゆっくり いろいろ。

コンサート中から 感じていたが 高知へルーツをたどる旅をして、石垣さんと再会したら 前より親しい感覚になっていた。ルーツのご縁がつながると、つながるべき人と つながりやすくなるのかもしれない。いろんな方々と 今まで以上につながってゆく感覚があります。


この夜は 石垣邸に泊めていただいた。石垣さんご夫婦がそれぞれに、スピカ(猫)の難治性口内炎のことを気にかけてくれて、回復につながりそうな漢方etcを教えてくださり、また、小児科医師の奥さんの言われるには、口内炎が起こるときは胃熱があるかもしれないので、食べさせ方のアドバイスもくださって、ほんとにありがたかった。


石垣さんが

「1年に1回じゃあ、少ないかもね。」と言ってくださり、今年は もっと 会える機会が増えそう。石垣さんは出版社もやっておられて、出版予定の本が また面白そうで 新しい世界を感じることができて、ご縁の広がりも楽しみです。

d0024504_00174001.jpg
(石垣さんご夫婦は 前列 前 わたしの左側のお二人です)



by ainohanaMusic | 2014-06-23 20:26 | 心の旅日記 | Comments(0)