愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お寺を拠点にコンサート~クッキングハウス

6月4日、東京は本應寺の仏典講座に参加。

自然を観て悟る~という内容で ハイジのものがたりが紹介された。


自分のことで、あてはまることがあった。

1992年から 25キロ人里離れた カリフォルニアの国有林に囲まれた山の上に暮らした。

その時代、パートナーとビジョンが共鳴しなかったが、わたしの純粋な想いと願いを応援してくれたのが 森の真ん中の1本の大きな木だった。

森の中で1日30分から1時間、楽器をもって過ごす その時間に わたしは 永遠の静けさと豊かさが 自分の胸の奥にあることを体感した。

すべては、一人一人の心の静けさから始まり つながってゆく。


この日の夕の勤行の 導師に指名されて法話をさせていただいた。

人前で 仏法をわかりやすく 体験と照らし合わせて説くのが一番の学びになる・・・僧侶としての役割を 品愚上人は 時々わたしにも振ってくださる。

本應寺は、不思議なお寺。さまざまな世界&個性の人が出会い仏法を学んでいる。


南無阿弥陀仏は、他力の祈り。

自分の頭では解決しないことが 無限なる宇宙に委ねると、ふと答えが訪れる不思議。

一人一人の考える世界は限りがあるけれど、無限なるものとつながり、答えを求めると 忘れたころに指針がやって来る。

自我を手放しゆだねて、問いかけ、損得勘定を超えて 純粋な光として生きてゆく。


6月6日は 調布のクッキングハウスでコンサート。

もう、出会って25年くらいになるだろうか?

主催の松浦さん・・変わらず、若々しくきれいだなあ~

「この仕事は やってもやっても切りがないのよ。今の社会が心を病んだ人を作ってゆくの。毎年忙しくなるばかり。」とこぼしておられた。

そうだなぁ~心を病むことのない、社会を小さくてもいいから 足元から作ってゆけたらいいなぁ。

一人一人の個性が宝物、と感じられる社会。

d0024504_21482236.jpg
d0024504_21480313.jpg
1年に1回ペースで、もう 何回来ているだろうか・・今年は 松浦さん・・長野にも来てくださいね。ほんとに大事なご縁をありがとう。今回は インドの手紬の小物やスカーフ、衣類を制作販売しているまさよちゃんが 製品をもって 手伝いに来てくれたし、10年以上ぶりの再会あり、1年ぶりの大切な友人との再会もあり、楽しい1日でした。
d0024504_22191022.jpg



by ainohanaMusic | 2014-06-11 22:20 | 心の旅日記 | Comments(0)