愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ライトタイミング ライトプレイス

今、藤枝市は岡部町の実家にいる。

おととい長野を出発し、小田原へ。その夜は小田原のホテルに泊まった。

翌朝、次男八星のおじいちゃんのお墓へ寄って、お花を供え ご先祖供養をしてから、せっかくなので 箱根彫刻の森美術館に憩ってから夕方には父の家に着いた。

d0024504_15243998.jpg
d0024504_15245194.jpg
d0024504_15253450.jpg

(箱根彫刻の森美術館は、22歳くらいの時に そのときの彼と一緒に来た。とても好きな場所。20代の自分より今のわたしの方がずっと自由でエネルギーがある。好きなペースで彫刻を見て、足湯をしながら本を読み、ピカソ館で八星と合流し、レストランでチャーハンを食べて静岡へGO!)



ちょうど、父が「静岡空港を考える会」の集まりに出かけていたので その間に 台所と居間の掃除をして、八星と二人で晩御飯を用意した。

父は わたしたちが帰ってくるとなると マグロを買って、ごはんもたくさん炊いてくれてある。わたしも八星も回遊魚のマグロは普段は食べないのだが 父のもてなしの時はいただいている。市場に新鮮なマグロを買いに行くことが父にとって、家族が帰ってきたという喜びになっていて、海の汚染を知らないわけではないだろうが、80歳になって、その習慣は変わらないのだと感じる。マグロをさばいて、ごはんを酢飯にして、手巻き寿司ができるように整えて 父が帰ってくる9時までは待たず、八星とふたりで食べた。


夜 晩く疲れて帰ってきた父が ひとりで 夕食を食べるのを見守り、父の話に相槌をうった。父は、今の政治の在り方を憂慮して、少しでも戦わないと、と考えている。父は、なくそう浜岡原発・藤枝市民の会の共同代表で、それは わたしが小学生の時から始まっている。わたしが、歌をうたうようになったのは、父と母の影響だと思う。父は理想主義の戦いの人。母は 世間でうまく楽しく暮らしてゆきたい人だった。父と母を足して二で割っても何も出てこないから・・二人の純粋な想いをさらに濾過したような きめの細やかな光のようなうたをうたいたいと思う。怒りは 人を恐れや抵抗感を引き出すだけだから、正しいことでも伝わらない。父の長年の運動・学者として生命を想う心や知識が どうしたら 人々に伝わるのだろうか・・・怒りを手放してゆくこと・・それは、小田原でご先祖供養したとき 感じたことでもあった。


元パートナーと一緒になったとき、家族に祝福される状況ではなく、その後も 家族に紹介されることはなく、10年以上一緒に暮らしたが、彼の強力なコントロールに気がつき、やっと別れたパートナーのお父さんのお墓にお参りすることは わたしの概念の中になかった。けれども、「いのち」のひとしずくとしての 子どもたちを この世に送ってくれたのは 多くのご先祖のご縁の導きだから 流れるいのちの川を つなぐ ごあいさつに行きました。ろうそくの火が ものすごい勢いで燃えていました。まるで 長年 待っていたよ!と言わんばかり。輪廻の中で蓄積してしまう「偏見」や「怒り」が燃え尽きて、癒されて溶けてゆくような時間でした。お茶とおまんじゅうをお供えして一緒に食べて、片づけるときに 何気に「観音様♪」をうたいました。そうしたら・・なにかがつながり 今までの障りになっていたものが 守護へと転換した感じがありました。


戦っている相手が 守護にまわってくれるような そんな あり方。

自分の中の偏見が溶けてゆくような 動き方。

概念にない、行動や流れを後押しされて、ちょっとずつ、また 変化があります。


さて、今朝は気持ちよく目が覚めました。

わたしにまとわっていた「怒り」が 一枚とれて 軽くなったような感じ。


さて、父の庭が またすごいことになっている。

草刈りを始めようと思ったら、ドクダミ、コンフリー、三つ葉、カラスノエンドウ、フキ、いろいろ 良さそうな 野草があるじゃないの・・

そして、相変わらず すごい ビニール袋が山のように積まれた テーブルの下に(父はものを捨てないでコレクションしているので) 空の大きなビンがたくさんある。

d0024504_16032545.jpg
それでね~春の野草酵素ジュースを作りました。父も嬉しそうで いろんな野草を教えてくれました。八星は、草刈りと 酵素ジュース作りのアシスタントをしてくれました。
d0024504_15260489.jpg
5月25日 遊里庵(ゆうりあん)のオープンハウス種まきイベントでは 春の野草酵素ジュース作りもあります。

ほんとに簡単で楽しい。


ライトプレイス ライトタイミング


すべての流れが たくさんのことの調整を含み 自分が今 生きている場所で 役立ち、成長しているのを感じています。


5月24日(土)~26日(月)

遊里庵はオープンになっています。

お泊りもできますし、コンサート、シェア、自力整体、酵素ジュース作り、ヘンプお守りネックレス作りなど

いろいろ参加できるプログラムもあり、夜は もう みんなでゆっくり流れ任せ。

いらしてくださいね。お待ちしています。そんなに大人数ではないから、ゆっくりしたい方も安心しておいでください。


8月には 3泊4日のリトリートがあります。


遊里庵の種まきイベントも 3泊4日の夏のリトリートも

参加する人にとって、自分の概念にない流れを含んでいるような感じがします。

なぜか、行きたくなってしまう 内なる声が響くときは、ただ素直にお任せで 遊里庵まで 来てみてくださいね。

光の自分と出会える場所 そんな調整の時空間を わたしは ずっとずっと志しています。


そして、現在 一緒に暮らす、あるいはお留守番 スタッフ 募集中。

(猫を愛してくれて、田舎で手作りの暮らしを始めてみたい人、いいと思いますよ~)


d0024504_16090666.jpg




by ainohanaMusic | 2014-05-16 16:09 | 心の旅日記 | Comments(0)