愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

小倉での2泊3日 一日目

3月1日 午後1時から 小倉でヘンプアクセサリーのワークショップが企画されていたが、

「今回は 申し込みがなかったので ゆっくりきてください。」と 由香ちゃんから連絡があったのが 前夜だった。

そのとき、わたしは 喉の調子が 悪くなっていた。長くしゃべると声が細くなり、喉の悪化が心配で しやべる時も、短く受け答えをしている状態だった。


実は知人の縁で 小倉在住の 愛にあふれたとてもパワフルな治療家と出会っていた。その方は、足を怪我した知人の治療のために 1か月に1回 長野に来てくれていて、わたしは 喉のケアのために 2回ほど 長野で治療を受けて、声の伸びが格段に良くなった。速攻に その方に電話を入れた。

「喉の調子が悪いので 明日 時間があれば 治療をお願いしたいのですが・・」

事情を察して、1日の 午後1時過ぎ 由香ちゃんのおうちに来てくれた。

彼は、見ただけで 体の悪いところが わかる・・リンパの流れが悪いとか、いろいろ言いながら、その部分を強く押すと共に、もう一か所 その部分と関連している どこかを触ると・・痛いところが 数分で柔らかく変容してゆく。


今回は、ずいぶん時間をかけて 首や胸のつまりを溶かしてくれて 空気が十分吸い込めるようになった。

また、両手のやけど、目の疲れ いろんなところを 少しずつ溶かし 柔らかくしてくれた。

また、小倉のコンサートの主催者の由香ちゃんも ヒーリングを受けて、ずいぶん元気になった。


すべては必然というけれど、3月1日に 2日のコンサートの主催者とともに 体の調整ができたこと、元気になったので、企画を巡って しっかり思うところを 忌憚なく話し合うことができて 土台作りから やれてよかったと思う。


この日は コンサートのスタッフの麗ちゃんが 夕食を一緒に作って食べようと来てくれて わたしと由香ちゃんの話し合いのタイミングを作り、サポートしてくれた。ほんとに、一人一人の個性は かけがえない。いい友達に恵まれて幸せ。 磨かれてゆく感じだよ。 共に歩いてくれて ほんとに、ありがとう。


by ainohanaMusic | 2014-03-06 23:13 | 心の旅日記 | Comments(0)