愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

静岡へ 

12月1日から4日まで、八星と二人で 静岡は焼津に一人で暮らす父に会いに行った。

d0024504_22033731.jpg
実は10月から11月まで 約1か月のコンサートツアーの直前に 父が焼津の家の近くでうずくまっていたのを 近所の方が気がついてくださって、家まで送り届け、さらに心配して保健婦さんと一緒に父を訪ねてくださった。

 父は保健婦さんの勧めで、その日のうちに病院に検査に行くことになり、そのまま 焼津市民病院に検査入院となった。

 近所の方から その成り行きを知らせる電話が わたしに入った。わたしは、長期ツアーの荷物の積み込み中だった。また 病気の猫や、八星のこと 留守中のあれこれを 時間に追われながら 段どりをしていた。

 焼津にすぐに駆けつけよう~と思う気持ちをわたしは、なだめた。今、無理して 焼津まで往復したら、ツアー前に、体力を使い切ってしまうし、しっかり準備をして 留守中に八星や猫たちが困らないようにちゃんと段取りしたほうがいい。

 入院したなら おとうさんは大丈夫。ここは任せて、わたしは 行けるときにいこう。


それから、1か月と10日 やっと、行けるタイミングを掴んだ。


八星も一緒に行くから、病気の猫たちを世話してくれる人がいるときでないと、家を出られない。

前半を 北川さん、後半を あきちゃんに託して3泊4日。


おとうさんは 元気そうだった~

検査の結果 極度の貧血とわかった。原因不明の下血が 10年くらい続いている・・その原因は 検査でもわからなかった。腸壁のくぼみのせいじゃないか?とか・・。良かったのは、大きな病気は抱えていないらしいということ。貧血を治すための治療中で 血色がよくなっていたし、無理しないように気をつけるようになっていた。


父は いつものように わたしと八星のために焼津の魚センターに自転車で出かけて、マグロのお刺身を買ってきて、寿司ご飯を用意して待っていてくれた。


お父さん、もう 自転車は危ないから わたしが買ってくるよ・・とか、マグロは回遊している大きな魚だから 海の汚染の影響を受けやすいから、あんまり食べないほうがいいんだよ~とか、今回は あえて 言わなかった。


父は 今までの楽しみを 自分の慣れたやり方で 今までどうりに やれることがとてもうれしいんだ、と感じた。わたしも、元気そうな父と一緒の屋根の下でくつろいで過ごせる 束の間の時間が 愛おしかった。


滞在中、わたしは 父が居間のテーブル付近にため込んでいる 買い物ビニールや 紙袋、空き瓶や空き箱を整理した。八星は 家の補修に 来てくれていた大工さんと一緒に庭木の剪定をした。


いつか タイミングが来たら、2階に無造作に詰め込んであって どうにもならなくなっている父と母の古い荷物と、子どものころの わたしや妹の荷物を整理したいな・・ 最低1週間、長くて1か月は かかるかもしれないな~ そんな時間を作りたいな~


ちょっと、行くだけではない しばらく一緒に暮らして 今 お父さんと一緒にやれることをしたい。と初めて思いました。


猫たちの病気が 心配ない状況になれば考えられるな~


3日、父が注文した 本を受け取りに 一緒に静岡大学へ。

父の趣味は研究。いまだに 衰えず本を読み続けている。


懐かしい かつて暮らした静岡大学周辺を走り、足を延ばして 三保の松原へ。

いい時間でした。

d0024504_22342851.jpg
d0024504_22340651.jpg
帰るとき、父が見送ってくれた。

八星曰く

「おじいちゃん、寂しそうだったね。」

「そうだね、また行こうね。」







by ainohanaMusic | 2013-12-12 22:41 | 心の旅日記 | Comments(0)