愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

若い力に応援されて

11月11日 岩見沢のえりかさんの家で目覚めた。

30代前半の 若くて美しいえりかさん、えりかさんのおかあさんも素敵な方で台所で
朝から、コンサートに集まる30人分のお昼ご飯を 一生懸命 お料理されていた。
お母さんは、看護師をされていて、朝9時には 仕事へ出かける。時間がないので、お父さんも そばで助手をされて、そのバトンを、えりかさんの出会ったばかりの「彼氏」が受け継いで、お弁当に詰める。

わたしとまなみさんが、会場の真ん前まで着いたのが 朝9時半。
駐車場の入り口への道(左折)が 進入禁止になっていて、どう進んでいいか分からなくなったところへ
迂回路(右折)をふさぐように 照明アーチストの真子さんの車が到着して、 2台の車が、直角に鉢合わせした。わたしも 真子さんも 初めての場所で 道がわからないのでまなみさんの指示を 待った。指示のないまま数十秒がすぎ・・・、これで、もっと車が 来てしまったら困るな~と判断して、対向車が来ないのを見て、わたしは 進入禁止の道を突っ切って駐車場に入り、真子さんは 道があき Uターンができたので、迂回して 駐車場に来た。

めちゃくちゃ印象的な初対面。お互い忘れない。
わたしは 音響、真子さんは 照明を同じ搬入口から 運び入れながら 笑った 笑った。
すっかり 打ち解けて 親しくなっていた。

会場の赤レンガ館の和室は 開場2時間前から 活気に満ちていた。
d0024504_12552294.jpg

まなみさんのイラストのスライドを映す機材の準備は レンガ館の館長さんたちが やってくださり、
真子さんの すごいアートな照明が運び込まれて
わたしの立ち位置、スライドの場所、照明の位置、物販展示の場所、みんながお弁当を食べるテーブルの位置など、同時並行で決めてゆく。いったい、なにが 始まるのだろう?
d0024504_12124547.jpg

真子さんの照明は 初めて見るものだった。自然素材を生かして、柔らかな空間を演出してくれる。
「誰かに教わったの?」と聞くと
自分で探求して創作したものだという。音とのコラボは 真子さんのやりたいことでテーマなのだという。
チラシの中には、照明のことは一言も書いてなかった。
「予算がないから、自分でやろうと思ったの。でも、できないし 真子さんと有里さんが出会ってほしかったから、数日前に急きょお願いしたの。」とえりかさん。
d0024504_12552048.jpg

d0024504_12163490.jpg

コンサートは1時半から始まり、外では しんしんと雪が降り始め会場が暗くなると、一層 照明の柔らかさが みんなを照らした。

後半の始まりは まなみさんのイラストのスライドとのコラボ。
アトランダムな感じで選ばれている イラストに 即興の音を入れるのは難しいな~と思っていたが
準備の時間から始まった 安心感が言葉を選んでくれた。
音と言葉をスライドの映像に響かせて そして 途中から このコンサートのテーマであった♪帰ろうをうたった。

イラストが物語を語るように さらに いのちを輝かせてくれたように思う。

えりかさん、若いのに すごいなぁ~
7月に 静内のプチリトリートに参加してくれて そのときに 「イラストと音楽をコラボさせたい」というまなみさんの夢を叶えることを決めたそうだ。

そして次のうたは 竜神さま♪
えりかさんが 踊りました。
3歳から バレエや習い事を「大会で優勝するために」学び続けてきた えりかさん。
病気をしたことがきっかけで、「勝つため」ではない 体の動き、「ヨガ」と出会い、今はヨガの先生をしている。
「わたし、有里さんの音楽で踊りたい。」
うれしいな、そんなふうに感じてくれるなんて・・踊ってね・・ということで
美しいエリカさんが 踊りました。
d0024504_12261614.jpg


おいしいお弁当、おいしい手作りのデザート、入れたての珈琲、うたとイラストのコラボ、うたと踊りのコラボ
柔らかで見たこともない自然な照明。

すべては えりかさんが出会った素敵なものをみんな集めて、来てくれたみんなに プレゼントしたかった~とエリカさんは語りました。

一番前にいて みんなの顔をみていた エリカさん

「有里さんがうたうだけで みんなが心をひらいて 表情が豊かになってゆくのを見て 来ていただいてる人とスタッフと、ほんとうに心豊かな時間を過ごすことができました。有里さんの力で これからも この世界が明るく、一人一人の道が豊かになってゆくように  応援したいと思っています。有里さんとのつながりを 心と体の栄養にしていつも結びつきを感じています。」

翌日にいただいた お弁当の中に葉書が添えてありました。
畏れ多い お言葉 でした。

その日は、3時半から シェアリング
そして、6時から 打ち上げ・・

楽しかったなあ~

打ち上げでエリカさんが 自分の携帯の待ち受けを見せてくれました。
なんと!7月に まなみさんと3人で撮った写真が 待ち受け!!

この4か月 朝に 有里さん 夕に有里さん 携帯をひらいては 想っていたの。
コンサートの予算つくりのために バイト バイトの 生活して そこで 出会えたのが 彼氏なの。

有里さんに会う前に 自分が幸せになっておかなくっちゃと思ってね・・・

若いみずみずしい感性と力に応援されて ほんとに ありがたい・・・
こんなに 応援されてることは奇跡のようです。 手をあわせます。 ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-11-13 12:36 | 心の旅日記 | Comments(0)