愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

北海道へ

11月6日 花巻は大沢温泉を出発して 八戸港へ向かう。

5日は 一日 大沢温泉で ツアー折り返し地点の 一人の休日を楽しんだが、思いがけない再会が 2名・・
一人は3年前くらいに 長野までリトリートに参加してくれたMさん、もう一人は カリフォルニア時代からのの友人Aさん。お二人とも わたしが花巻にいることを知っていて 少しでもあいたいと思い連絡をくれて、Mさんは、夕方 大沢温泉で お湯につかりながら再会・・Aさんとは 時間が遅すぎたので 花巻の深夜のファミレスで待ち合わせし、お茶を飲んだ。宿に戻ったのが 11時半で どこも鍵がかかってしまっていて 焦った!ちょうど廊下をとうりかかったお客さんが 廊下の鍵を開けてくれて無事入れて、セーフ。 

八戸に向かって運転しながら、日本のどこに行っても 連絡をくれる友人がいることを ありがたく思った。
生身の自分が 移動することで再会できている。一人の時間も大切で、2泊くらい続けて 宿に泊まると たいてい思いがけない誰かから連絡が入り、束の間の時間ではあるが 再会を楽しむようになった。

さて、八戸港に着いて ちょっと心配事ができた。
夕方5時半 八戸 出港 深夜1時半 苫小牧 着のフェリー
あれ??もしかして 男性しか乗らないの?

このフェリーは 2等個室がなくて 2等は みんな広い雑魚寝の部屋になっている。
男性の中に一人混じって眠れるだろうか?

チケット売り場で「女性専用室の設定はありますか?」
と聞くと 「ありません。」のお返事。
「お部屋はいくつありますか?」「8部屋です。」

それで 心配するのを やめて 「すべては必然・・いいようになるさ・・楽しもう・・」と、待ち時間 車の中で ヘッドホンをして ネットで映画を観ていた。便利な時代になったものだね・・

乗客は少なかったな~
8部屋の中のひろい一部屋が 貸切となり
女性のお客さんは わたし一人 だったので、お風呂も貸切。
なんだか、優雅な フェリーの旅となりました。
d0024504_8584815.jpg

by ainohanaMusic | 2013-11-09 08:58 | 心の旅日記 | Comments(0)