愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

飯塚での再会と出会い

10月2日と3日、黒崎のホテルに連泊。
2日も3日も、近くの50mプールで泳ぎ、3日は 夕方 駅で4日のコンサートの主催者の金子さんと待ち合わせして、和食屋で飲みながら、食事・・会っていなかった数年の出来事を想い出しては、語り合う。ビールと梅酒で ほろ酔いで歩いてホテルまで帰った。金子さんは フリーの助産婦さんだけれど、フリーでお産を取り上げにくくなった近年、育児相談など、別の形で人の心を支えて動いている。同じ年代、出会ってもう、10年。1年に1回会うか会わないかの間柄だけれど、共感できることが多い。旅先で打ち合わせしながら、一緒に飲んで、翌日はコンサート。毎日が とても貴重な感じがする。

d0024504_20325362.jpg
d0024504_2033187.jpg


コンサート会場は つどいの広場 飯塚
前半の終わりの曲に、ふらりと 同じ会場で 不登校の子どもたちに音楽を教えている先生が 聞きに来た。
休憩に入ると
「子どもたちに聞かせてあげていいかな?」
それで、後半は 子どもたちも一緒にきくことになった。

コンサート後には 希望者でシェアの時間を持った。とても静かでいい時間だったな~

今回の 主催は、金子さんと麗ちゃん。麗ちゃんは広島にいたころに 何度もコンサートを主催してくれた。
郷里の福岡へ戻ってきて、つい先日電撃結婚したばかり・・パートナーさんも来てくれて 
2地方のライブの主催者のお二人が、お互いをあまり知らないままに 協力し合って ささやかな輪だったけど、確実に その輪が 広がりそうな 必然の出会いと再会の場だったように 感じました。

なにげに、これからの予定を話していたとき、これから長崎に移動し、週末はコンサートで、帰りは月曜日、新門司港からフェリーに乗る~と話したら、出会ったばかりの由香さんが
「わたしの職場は、新門司港のすぐ近くなの。良かったら 歌いに来てください。」
と誘ってくれた。たまたま、フェリーを7時50分出港の遅い便にしてあった。
「1時間くらいなら、歌えるかも?」

とてもアバウトな 打ち合わせをして、 3日後に 飛び込みでライブが決まる。

d0024504_2040636.jpg


記念撮影をして、わたしは そのまま、一路長崎へ
by ainohanaMusic | 2013-10-12 20:40 | 心の旅日記 | Comments(0)