愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

かんのんさま

夢を見た。
とはいっても、目が覚めたら、ほとんど忘れてしまっていた。

目が覚めた時、随分疲れていた。

そう、夢で疲れることがある。

まだ消化しきっていない、さまざまな感情が、心に、体に浮上して。

この頃、10日後に迫った、カリフォルニア行きまでにCDの音源を完成し、カリフォルニアに行っている間にマスタリング(音の微調整)に出したい、と~時間に追われていた。それで、カリフォルニアに行く~ということに焦点をあてる暇もなく、飛行機に乗るであろうわたしを知ってかしらずか、潜在意識が、勝手に「カリフォルニア」を体験し始めた。

夢の場面はカリフォルニアだった。過去のわたしと今のわたし。

もうすぐ、自分がかつて生きた場所に戻る。3年ぶりのアメリカ。
なつかしいバークレー。
d0024504_1752483.jpg


かつて暮らした場所へは、今回は行かない。あまりに人里離れた山の懐だから。そして、今は誰も暮らしていない場所だから、行くのであれば、それなりの準備がいる。今回のアメリカへの一人旅は、来年、こどもたちと行くアメリカへの旅の序章になる。まずは、一人で、感じてこよう。アメリカを通して~過去のわたしと現在のわたしを。
******
昨日から、朝の勤行を再開した。

わたしにとって、念仏の時間は必要なことが情報整理されてゆく、ありがたい時間。
忙しければ、忙しいほど、ここで落ち着き、着手することの優先順位が おのずと決まってくる。

「南無阿弥陀仏」は、意味とすれば
「思惑を超えた偉大なる光に帰依します(自分をゆだねます)」となる。

これを宣言し続けるわけだから、心身ともに目が覚めて、自然な流れに添ったインスピレーションが入りやすくなるのだと思う。

さて、勤行を終えたら、今日のレコーディングは「観音さま」と決まった。
この歌だけは、歌の取り直しが必要と感じていた。

歌い始めたら、本應寺のお上人さんから我が家の床の間用に、貸し出していただいた「白衣観音」の掛け軸に、向かって歌いたくなった。おだやかな、おだやかなお顔。
d0024504_1740764.jpg

掛け軸に向かい歌っていたら、観音さまの存在が心にあれば、自殺もしないだろう~とこの村で亡くなった二人の男性が思い出され、さらに集中した。

すると、かつて暮らしたカリフォルニアはエルクバレーの風景がありありと浮かんできた。
わたしの体、心に、これほど沁みこんでいる、山々の静けさとあたたかさ。そして、静かに暮らしたわたし、家族たちの風景。

「かんのんさま」は、昨年の11月4日、誠さんの夢に現れた「わたし」が歌ったという歌。

なぜ、この歌を わたしが歌っているかと言うならば、あの8年の暮らしをルーツに、変わらないわたしを見いだしつつ、変化を選び続けているわたしであるからだろう。。と、歌をプレイバックしながら、ふと、そう思った。
 
♪茜色に染まる大地♪と歌うと浮かんでくる風景はエルクバレーの夕陽、幼い子どもたち。でも、今のわたしの暮らしを彩る風景は、これから思い出になるであろう、また愛おしい別の風景。


ちなみに、エンジニアをしている誠さんも、今日のレコーディング中に「ビジョンを見た。」とのこと。大きな観音さまの祭ってあるお寺で、黄色い服を着た小坊主(子どもの修行僧)である誠さんが、一生懸命お掃除をしているシーン。
「タイみたいだったなあ。」
「そうなんだ、誠さん小坊主さんだったんだねえ~。やっぱりね。ここでも小坊主さんみたいだもんね~(笑)」


♪観音さま

観音さまの御心に
抱かれて眠る赤子のわたし
両手いっぱいにいただいた
計り知れない親様の愛

 歌がきこえる
 遠い記憶の彼方から
水が流るる
あなたの目覚めを待っている

大きな野原小さな家
鍬を手に心耕す日々
夢に目覚めたその日から
沢山の愛に出逢ってゆく

 歌がきこえる
 茜色に染まる大地から
 水が流るる
 あなたの目覚めを待っている♪
by ainohanaMusic | 2005-10-12 17:42 | 心の旅日記 | Comments(5)
Commented by jasmine at 2005-10-12 18:25 x
あ〜繋がっているとしか思えないんだけれどね。。。

昨日の夜、私の所にもかんのんさまがあらわれたんだ。

今まで何度かかんのんさまがあらわれているんだけれど、
昨日、眠るか眠る前か、ちょうどはざまのうつつのとき。
今日(10月12日)は母の命日だということもあってか
一日中この有里さんのかんのんさまの歌声とともに
私は過ごしたんだ。
Commented by 有里 at 2005-10-12 21:05 x
jasmine
そうなんだ。わたしはね、夢の内容は忘れたけれど、変化していくわたしと、その変化を消化し切れていないわたしだった。
 それで、胸に重さを持って、目覚めた。

そして、今日が、「かんのんさま」を歌う(レコーディングする)日であることを感じたのだけど、かんのんさまを歌うと、かんのんさまは、過去の「わたし」と今の「わたし」をつないでゆく癒しというかふくらみを、注ぎ込む存在として、そこに感じられた。

jasmine とわたし、同じときを別のバージョンで生きてる~。

不思議。逢えてよかったね。


Commented by kakko☆ at 2005-10-14 09:09 x
おはようございます、有里さん。。。

バークレーでのお二人の写真・・・とっても心が和みますね☆
お子様はアマチくんですか?八星くんですか?とーっても良い顔をしていますね。子供はやはり光の存在・・・天使ちゃんですね。。。
有里さんは、お二人共ご自宅出産をされたんですよね!!
私は、無知だったということと、臆病だった・・・ので、子供は病院で産みました。が、しかし・・・私の直感に従うべきであった・・・と、感じるような、出産に終わってしまったのです。しかし、これも結局は自分で選んだ結果。
もちろん、既にこのことは自分の中では消化しているつもり・・・でも、本当は第2子を想うままに・・・自然に出産した時にこそ、本当の解放がやってくるのかも・・・?
でも、子はそんなのはお構いなしで・・・光り輝いています☆☆☆
Commented by ainohanaMusic at 2005-10-18 10:37
kakkoさん おはよう!

わたしの場合は出産を 自分の直感に従って実践したことで、人生そのものが大きく変化しました。
 自分の直感を、そのまま生きる~ということは世間や常識の枠から大きくはみ出ることになるんですね。

インスピレーションは様々な形で、万人に働きかけているんですね。

いくつものインスピレーションをやり過ごしてしまったとしても、きっとタイミングを掴んで それぞれが、固有の人生を、生きはじめる時が来ますね。

自分が自分をいききるということは、人が人の人生を輝かせてゆくことを喜べる存在になるっていうことですね。

わたしは、自分で生ききることで、こどもたちが、子どもたちの人生を開花させてゆくことを喜んでサポートしてゆける存在でありたいと、思ってます。
Commented by kakko at 2005-10-18 11:11 x
Dear.有里さん

>自分が自分をいききるということは、人が人の人生を輝かせてゆくことを喜べる存在になるっていうことですね。
>自分で生ききることで、こどもたちが、子どもたちの人生を開花させてゆくことを喜んでサポートしてゆける存在でありたいと、思ってます。

素晴らしいコメントを・・・朝から、ありがとうございました☆
今から、出かけるところですが、行く前に・・・寄らせていただいたら、素敵なメッセージのプレゼントがあり、エネルギーを受け取りました。
自分自身を生ききる・・・これがまず初歩ですね。。。これがうまくいっていないと、人のサポートは難しいですよね。
私は、今この瞬間を・・・自分らしく生きることにフォーカスします☆☆☆
ありがとうございました!!              from.kakko☆