愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

東京~そして、帰ってから

9月6日 東京へ

本應寺で、念仏会に参加し、多くの友人と再会した。
大勢の泊まるイベント前日のお寺は賑やか。お風呂の順番待ちをしていたら、静和さんが誘ってくれて、夜の下高井戸の町を女性3人で 歩いて温泉まで行く。のんびりと温泉につかり、脱衣所で歯を磨いていたら
「有里ちゃん もう 歯を磨いてるの?ビール飲んでいかないの?」と 静和さん。

そうだ~生ビール飲んで帰ろう・・待合室に出たら、お寺組の男性が3人、ちょうど上がってきたところ。
それで、6人で 下高井戸を歩いて、生ビールと酎ハイを飲んで帰った。
まるで どこかの学校の同期生のような親しさ。
「念仏」を多くの人々に手渡したい~という願いを持った品愚お上人の存在が 本應寺という自由で大らかな祈りの場所を現出させて、わたしたちが 出会えている。

9月7日
静音 西方極楽浄土へのCDのお披露目コンサート。
d0024504_22202439.jpg
d0024504_23132933.jpg
d0024504_23161778.jpg

午後1時に 夏秋さん 2時くらいに ちゃっきりさんが到着して リハーサルをした。
CDの中に念仏とのコラボの曲があるが、多重録音であったので ライブは初めて。
上人や尼さん みんなの念仏と音楽が どう一緒に演奏できるか?本番までどうなるか わからないスリル満点の選曲でしたが とっても いい感じで みんなで作り上げたコンサートとなりました。

夏秋さん、ちゃっきりさん、上人、お寺のみなさん、参加者のみなさん 楽しみました。とても いい時間をありがとう。

9月8日のヘンプアクセサリーワークショップは 参加者はMさん一人で、 広い本堂で ビーズを広げて 二人で語り合いながら静かな満ちた時間を過ごしました。夏のリトリートの前半に参加してくれて以来の再会。愛知県から2泊で 来てくれたMちゃんと 賑やかなお寺では 静かに相手を感じあう時間がなかったので 最後は二人で過ごせて良かった。二人とも 素敵な お守りを編むことができました。Mちゃんとの、夏のリトリートの締めくくり。

そして わたしは 一路長野へ。
何よりも気がかりなのは 猫のスピカ。
念仏を称えながら まっしぐらに帰りました。

熱があり、口内炎がひどくなって 自分でえさが食べれない状況で 10日間、漢方を飲ませ、強制給餌して 体力の回復と 免疫力の回復を待っていたけれど 状況が良くなっていないので
翌朝、病院に行くことを 決めました。

翌朝、いつもと違う 動物病院へ。
否応なしに 抗生物質の注射と ステロイドの注射。

帰りには 熱も下がり すっかり気配が元気なスピカ。
薬ってすごい。
今日は もう 自分で食べ始めています。

漢方に加えて アロエジュースも 飲ませ始めて ステロイドで表面上収まって見えている 炎症の元をいやすことができたらいいな。ステロイドを長期飲ませ続けずに 自然な療法で治してゆけたらいいな。

わたしは、9月20日には20日間の 関西~九州ツアーへ出発します。

今までは 留守中は 子どものこと、畑のことが気ががりでは あったけれど 誰かに託し ツアーをしてきた。いつまでたっても いくつになっても 家を離れるとき、託さなくてはならない「いのち」が あるんだなあ~

八星は 9月22日から臨時募集しているバイト面接のために 履歴書を書いている。 
バイクが手に入ったので、バイトを始めて 彼の世界が始動してゆくことはうれしい。 病気のスピカの世話を怠らずに 新しいリズムをつかむことができますように。
すべてのいのちが つつがなく 守られ健やかであることを祈るばかりです。

9月20日からは、助っ人に友人あきちゃんが遊里庵に来てくれます。
わたしが 長野を離れるとき 家が手薄な時 こうして 来てくれる人がいること ほんとに ありがたいな~

関西~四国~九州ツアーは 9月20日~10月8日です。

その次のツアーは  栃木~東青梅~茨城~東北~北海道~新潟ツアーで 10月24日~11月17日になります。

こちらは、一部のスケジュールが過密になってる・・。コンサートは大丈夫なんだけど 一番大変なのは 運転です。 ボランティア運転手をしてくださる方が もしおられたら連絡ください。ツアーは 出会いの連続ですよ~~。

一番 厳しそうな日程は

10月29日 茨城
10月30日 福島 南相馬
31日 石巻
11月1日 石巻
11月2日 仙台
11月3日 釜石
11月4日 花巻

東北ツアー のところ 誰か来るかな?それとも ひとりで なんとか やりきるかな・・・
一番いいように なってゆくね。
by ainohanaMusic | 2013-09-11 22:43 | 心の旅日記 | Comments(0)