愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏は花火

家から車で30分 松川に暮らす静和さんが
ずっとずっと前に誘ってくれていた 8月15日 花火大会

「うちのすぐそばの広場で すぐ上に 大きな花火が上がるのよ。おいしいもの料理するからみんなでゴザを広げて花火見ましょうよ。楽しいわよ~」

8月15日 夕方まで 暮らしの仕事の傍ら、電話やパソコンに向かっていた。
今年は コンサートの本格的スタートが7月だったので、ツアーが後半に目白押しで ありがたいけれど
その調整に追われている。

一つのコンサートが成立するには わたし以外に心から コンサートの成立を望む主催者の存在が 不可欠でその大切なパートナーとのコミュニケーションが日々を彩り、また ツアーともなると 移動距離に無理がないように 時間空間、体力的に 満ちた状態で日程を組めるように スケジュール調整し、移動経路や 宿泊場所など 暮らしをしながら、順次決めてゆく。

暮らしの仕事は毎日のこと・・ 朝の猫たちにご飯をあげて、勤行、そうじ 洗濯 畑の草刈り そして収穫。もちろん自分たちの食事も料理するし・・・
一日はあっという間・・・・・・夕方 あわてて 家を出発・・・

そして・・おいしいごちそうと 素晴らしい花火に遭遇できる幸せ

ありがたいなぁ~友達って

d0024504_22572530.jpg
d0024504_22573941.jpg
d0024504_2258796.jpg
d0024504_22584560.jpg


花火は ひとつひとつが 「○○の提供~」というアナウンスがあって、全部で80こは 上がっただろうか?
きれいだったなぁ~
真下で聞く花火は 音がすごいな・・体に響く・・ごろんと寝転がったら もうそのまま寝てしまいそうだった。

その中の67番(だったかな?)が 静和さんと愚大さんの暮らす、大静庵(だいじょうあん)の提供で
「生田にホタルを・・」というメッセージが読み上げられた。

花火の前には、地元の子どもたちの太鼓演奏があった。
こんなふうな平和に人が集うときには わたしも うたをうたって
一人一人の心の奥に存在している愛や 光をつないでゆくことや、戦争や原発のない未来を語り合うことが自然にできたらいいな~

家に帰ってすっかり眠かったのに
静和さん、あきちゃんとワインを飲みながら また 語らった。

これからの社会の在り方について 選挙について・・戦争のない世界について・・・

多くの人と一緒に いのちを大切にする文化と社会を築いてゆきたい。
一人一人が 自然を敬い、大地と向かい合い、命をはぐくむことを当たり前に始めたら
競争も争いも必要ない。ほんとうに必要なものを心を込めて育て、ないものは わかちあえばいいのだから。
d0024504_23163450.jpg

by ainohanaMusic | 2013-08-17 23:23 | 心の旅日記 | Comments(0)