愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

満月のせいかしら?ハラハラした日

7月23日
新冠から 一路 伊達紋別へ。

朝、11時に出発したので ひびきの村へは 夜7時までに着く予定にして
ゆっくりと気ままに 旅しようと思っていた。

急がない一日って とっても大事だよね・・
あっちで道草 こっちで 道草 みたいな・・・

それで、まずはコンビニに車を止めて 長野の家に電話することにした。

22日のプチリトリートで みんなが 草原をはだしで歩いた時、
野の草をゆっくりと味わってみている時間があり、 八星(次男)を想った。野の草の波動は、次男が そこに生きているように 存在を伝えてくれた。コンサートツアーでは、どんどん 景色が変わり、出会う人が変わり まっすぐ前を見て走り続けてるわたしがいる。足元の草を ゆっくり眺める時間は なかなかないのだけれど、幸いに リトリートが そんな時間を与えてくれた。足元の草は 長野にいる次男を伝えてくれていた。

電話に出たのは、留守番にいてくれている晶ちゃん。
八星のこと、畑のこと、ネコのことなど聞いて、わたしの近況をシェアしたら、楽しくて 長電話になった。八星に 変わってもらい、そこでも 長電話になった。

暑い日だったので 冷房をかけていたが、エンジンをかけ続けているのは 良くないという意識もあり、エンジンを止めて 話に夢中になっていた。

切った後、エンジンがかからなくなっていた。

あ~ しまった!! やっちゃったよ~バッテリーがあがった。

それで、お店に来ていたコンビニまわりの営業の男性にお願いして バッテリーをケーブルで繋いでもらった・・・(わたしは 車音痴なので)

そしたら!! 信じられない
繋ぎ方を 間違ったみたいで 繋いだ時、バチッと 電気が走り、思わず・・
「つなぎ方 大丈夫ですか?」と聞いたが
「大丈夫」と 確信に満ちた返答に、とっさの不安を 自分で消してしまった。

「エンジンかけて」と指示されたので エンジンをかけたら かからない。

「どうしたのだろう?」と 考えている間に
4か所からけむりがあがり、ケーブルのビニールが溶けだして 見るからに危険な状態になった。

あわてて、男性は、車のエンジンを止めて 熱くなったケーブルを 必死で外した。素手では 外せず、ハンカチも燃えてしまい、お店に軍手を取りに行って 戻ってきたときは かなり煙があがっていた。

なんとか 危機を脱して・・

「どうして、こんなことになったのでしょうか?」と 男性に聞くと
「わからない」と言う

そこで ガソリンスタンドの方を呼ぶことになり 事情を説明し、どうして煙が上がったのか、どうしたらいいか聞くと・・
「ケーブルのつなぎ方を間違えたのでしょう。その場合、車が故障した可能性もあるので、修理工を呼びましょう。」ということになった。

その間、お店の男性は ずっと自分の車の中で 携帯で あちこち電話をかけ続けて たのしそうに笑ったり・・こちらに無関心の様子。

携帯をかけていないときに 車をノックして
「原因は ケーブルを間違えてつながれたとのことで、車が故障したかもしれないです。」と伝えた。

******
ツアー中 わたしが 心配するのは車の故障。

わたしの車は すでに もうすぐ19万キロになり、2月の車検の時は インジェクションポンプからオイルがにじみ始めるなど いくつか支障が出て来ていたが その修理費が とても高いので 車屋さんの アドバイスで今回は 「最低限」の修理にして 次の車を 近いうちに探す方向にしていた。

でも、マツダの軽油 オートフリートップ ボンゴ 大好きなんだよね。今の車で 2代目なのです。
愛着がある。まだ 走ってるので なかなか次を探す気になれない・・ この形は 今は製造されていない。

そうですね~まだ そんなに走ってないツアーに適した4WDの大きな車(できれば軽油)を ご縁のある誰かが事情があって 手放すけれど 愛着があるので知ってる人に譲りたいとか、ツアーに使ってほしいとか・・安く譲るので乗ってください・・なんてうれしい話があれば ボンゴを手放す気持ちになれるかも・・・車って、自分を運んでくれるツアーパートナーだものね~安心してツアーできる次の車に いいタイミングで 出会えますように。

******
話を戻して、修理屋さんが コンビニに到着して 車を見てくれた。
バッテリーを取り換えたら 走ることが分かったので、営業の男性は
「じゃあ、大丈夫ですね。」と 逃げるように去って行かれた。
d0024504_143671.jpg


新しいバッテリーは 2万円・・高いなあ~なんでこんなことになったのかな~

と思いつつ、運転していたら

エンジンの音が軽快なのに気が付いた。

そっか~もうバッテリーそろそろ変えたほういいよってことで、普通に バッテリーが充電されず
放電しちゃったのかもしれないね。そうすると あの男性は、
バッテリーを変えるように導いてくれたエンジェルかもしれない・・・

親切そうだけど、周りに無関心で 責任逃れの男性(でも、実はエンジェル)と
親切なガソリンスタンドの男性二人と
親切な修理工のお二人
それから 真新しい バッテリー

あらら・・全員 わたしにとっては 天使ということになる・・

道草する前に ドラマと一度しか会わない登場人物に出会い
買い物をしようとする前に 買うものが指定された ハラハラドキドキ 満月の日

**********************
by ainohanaMusic | 2013-07-25 01:05 | 心の旅日記 | Comments(0)