愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ただいま、岩手から戻りました。

昨夜、おとといコンサートをさせていただいた福島は白河から9時間くらいかかって長野の我が家に戻ってきました。
 高速では時速120キロくらいは出しているのですが、目が疲れやすく、休憩をたくさん取るので、なんだかだいぶ時間がかかりました。
d0024504_1524079.jpg
(花巻文化村でコンサート準備の風景)

昨夜は、隣のフリーキッズビレッジに子どもたちを迎えに行き、夕ご飯と薪のお風呂。八星が、居間のソファーに座るとき「あ~、なんだか懐かしい~。」だって。

わたしも、山の水を薪で湧かした、お風呂に浸かったら
「あ~、帰ってきた。最高気持ちいいなあ~。」

今朝は1週間ぶりの畑に出て、トマト、ナス、ズッキーニ、おくら、モロヘイヤ、つる紫、ピーマン、ししとう、相変わらず、食べきれないほどの恵みに感謝。アマチは、明日から中間テストらしいのですが、朝から隣のこどもたちを誘って、バスケットの自主練習。

 2年ぶりの東北コンサートツアーは~、よかったですね。再び、東北の友人たちと今という時間軸の中にしっかり出会ってきました。2年ぶりでした。

今回のツアーのきっかっけは、東北は岩手に暮らすウッドベースのでんちゃんが、3月、8月とはるばる長野まで車にベースを積んで、レコーディングに駆けつけてくれて、今度はこちらが東北に行かなくちゃ~と思っていたことと、花巻にカリフォルニア時代からの親しい家族がいて、彼らに逢いたいなあ~という気持ちが重なって、ふと、電話してみたところ、『ぶらり』という森を背景に素敵なテラスのあるペンションのオーナーが、『テラスライブをしてみたいと思っていたのよ。』というタイミングで、コンサートのお話が決まったのです。

そして、それからわずか1週間くらいのうちに、仙台の友人が、ブティックライブ、岩手県のアーク牧場が、グリーンエコロジー野外コンサート、花巻の友人が花巻文化村で親子で楽しめるコンサートを、福島の灯庵(とうあん)というギャラリーがミニコンサートを企画してくれることになり、5ヶ所のコンサートツアーになりました。
d0024504_14205635.jpg


花巻で2ヶ所のライブを終えて、友人の家を出るとき、一瞬、胸の中に寂しさを自覚しました。

アンソニーと恵さん、そして3人の子どもたち~彼らとのご縁は1993年くらいからで、サクラメントのシュタイナーカレッジに通っていた彼らを、日本から来た友人と一緒に訪ねたのが始まり。変化してゆくお互いの姿を、アメリカの様々な風景の中、そして今は日本で、再会のたびに感じ取る~魂の進化、魂の旅路を、読み取る感受性がお互いの中にあるからこそ、つかの間の別れと出会いの間に新しい記憶が焼き付けられ、別れるとき思いがけず、寂しさが通過する。

アンソニーは現在、夜は、シュタイナーメソッドを生かした英語教室を運営して教え、昼間は天然酵母パンを焼いて、お店に卸しています。また、シュタイナーカレッジで学んだ素敵な農法で野菜を自給して、3人の子どもたちとパートナーの恵みさんと 親密に暮らしています。

彼らもわたしも、カリフォルニア時代から なにもないところから自分たちの暮らしを 心の声をたよりに生きてきた。現在、それぞれの暮らしが日本に根ざし花開いてきているのが、不思議でで、愛おしいですね。

********
さて、このツアーの間、運転している時間が長かったので、
次のCDのためにレコーディングされた25曲を、何回も聴きなおしました。

そしたら、いろいろ気がつきました。曲によっては、コーラスもいらないくらい、シンプルな感じがよかったり、あるいは、高音で入れたコーラスかバッキングバイオリンを低音部で、入れなおしたほうが良かったり。

既に入れたものを、削除したり、調整しつつレコーディングしなおしたり、1曲1曲がクリアにいい状態になるように仕上げ調整のためのレコーディングに取り組むことにしました。

そんなわけで、10月24日、カリフォルニアに行くまでの間に音源もデザインも終わらせるのはちょっと難しい。11月はリトリートと九州ツアーがあり、となると、完成は来年の1月くらいに伸びてしまうかもしれません。

11月完成ということで、既にオーダーしてくださって待ってくださってる方々には、お詫びのお手紙を出すことにしました。完璧を目指すのではなく、細やかな柔らかな波動が広がってゆくあたたかいアルバムを丁寧に完成させたいと思っています。デザインの方も、慌てず、心をこめてやっていきますね。完成に手間取っていて申し訳ありませんが、しばらくお待ちくださいね。

******
そして、11月11日からの「秋のリトリート」ですが、ありがたいことに、申し込みが定員12名を越え14名に達して、募集をここで、打ち切ることにしました。(キャンセル待ちにお名前を入れておくことは できます)

大人の参加者14名、子ども4名、大人のスタッフ6名、こども3名
計大人20名、こども7名で、3泊4日の秋のリトリートを迎えることになりましたよ。

考えてくださってる方は、来年1月か4月、7月、8月をお申し込みください。また、スタッフの(リトリート経験者)希望があれば、早めに予約しておいてくださいね。1月のスタッフは既にうまっていますし、夏も決まりつつあります。また、夏は、凄く楽しいのでナント!2回、やることにしました。

定員が12名なので、決めたら 早めにご予約ください。

☆2006年3泊4日の「心のチューニングのためのリトリート」スケジュール予定
     ~暮らしと繋がりの中で自分自身を知る~長野 有里自宅にて

       
    (ゆき)   新年のリトリート 1月20(金)~23(月)
     (さくら)  春のリトリート  4月14日(金)~17日(月)
      (かわ) 夏のリトリート ①7月28日(金)~31日(月)
       (ほし)          ②8月4日(金)~7日(月)
   
by ainohanaMusic | 2005-09-28 14:20 | 心の旅日記 | Comments(2)
Commented by umachan at 2005-11-17 21:21 x
白河という単語に引かれました。
私の生まれ育った場所です。しばらく帰ってませんが。。。
umachan
Commented by 有里 at 2005-11-28 09:15 x
白河もいい場所ですね。
そうですか。
そこで生まれたんですね。