愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

思いもかけず 新しいギター

5月1日 本應寺からリリースするCD「静音~西方極楽浄土へ」のレコーディングの大詰め。
最終レコーディング曲♪青い空にゆだねて いい感じでレコーディングができた。あとは、編集(ミキシング)に入り、必要があればレコーディングをし直すけれど、やっと全体像が掴めてきた。

とってもいいアルバムになりそうで、うれしい。
楽しみにしていてください。

5月2日 東京へ。3日の本應寺の念仏会、夕方はボイストレーニング、4日は ビーズの仕入れと楽器屋さんにギターを見に行き、5日は 大学の30年ぶりで初めてのクラス会への参加。

八星は 本應寺で庭仕事を頼まれ、ボイストレーニングも予約していたが、1日の夜から 頭痛と熱があり、家で休んでいることになった。休むことになったらホッとしたのか 元気が出てきた八星を見て、やっと、安心して出かけることができた。

ひさしぶりの一人旅。車ではなく高速バスを使い、ひさびさに本を読んだ。
アナスタシア  ウラジーミル・メグレ 著 (ナチュラルスピリット)
d0024504_1425237.jpg

ひさびさ、魂に滋養を与えてくれる話だった。ロシアの森深くに暮らす若くて美しいアナスタシアと出会った著者が二人が出会った3日間の出来事を本にした。動物や植物とと意志を疎通しあい、星や水から多くの知恵を受け取り、家も持たず 食料も貯蔵せず、高い意識で暮らし、離れた場所に暮らす多くの人々にインスピレーションを送って助けている・・本当の話か創作か~論争もあるみたいだけれど、わたしの中では 本当の話だと感じ、滋養のある真実をたくさん吸収した。

元気の出る本だった・・よかった~

3日の念仏会と ボイストレーニングは それぞれにいい時間・・
念仏会では 出会いもまた素晴らしい 縁の深そうな方は 最初から引き寄せられる・・そんな初対面の方が二人おられた。

4日。ついにエレガット(ナイロン弦を使うクラシックギターで、内臓のマイクがついている)を買った。午前中は ヘンプワークショップの時 みんなが自分にぴったりの天然石やガラスを見つけられるように 石屋さんやビーズ屋さんを見て歩き、体力も気力もお金も使い切ったと(笑い)思っていて・・ 楽器屋さんは下見のつもりだった。

けれど、八星の影響かなぁ~。自分の納得のゆくギターを手に入れることって ミュージシャンにとって大切なステップだ、と気がついて、わたしには エレガットが合うんじゃないか?~と、このところ 自分にぴったりのギターを買うように潜在意識が、指令を出していたみたい。意外とあっさりすんなりと わたしにとっては高価な買い物をした。
そして 買ったとき 喜びがあふれた。わたしの買うべきものを買ったことを魂がよろこんでいるって感じ。
ギターをもって 道を歩き出した時、スピカとライカ(猫の兄弟)を保健所でもらって車で出発したとき、感じた感覚と同じものを感じた。

「かわいいなあ~良く来たね、出会えてよかった!これからは、一緒だよ。」
d0024504_262132.jpg

アントニオ サンチェス制作 スペインのギター 音色はふくよかで明るい

マーチン(フォークギター)の音も このところ 大好きになってきて、ナイロン弦の優しい音をメインにして、ときどき シャッキリした爽やかなマーチンを弾こうかな~と思っている。

ギターを買ったのは新大久保駅のthe 中古楽器屋さん。
すぐちかくにクロサワ楽器もあり 両方の店員さんに随分親切に 対応してもらった。

どちらも また 遊びに行きたいな~と思うお店になった。
今度は 八星と一緒に行こうと思ってます。
by ainohanaMusic | 2013-05-07 02:12 | 心の旅日記 | Comments(0)