愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

桜の季節

d0024504_22531559.jpg

わたしの初めてのうたは 桜のうただった。
♪花びら流れて

うたを作ろうとか うたおうとか まったく思っていないときに 美しい満開の桜の花びらが 散り始めた東京は武蔵小金井の桜の木の下で わたしは心を揺すぶられ、花びらと一緒に舞い踊り、いのちの渦の中で うたが溢れ出ててきた。

やっぱり 桜の花は特別だなぁ~
桜が咲き始めると 駒ケ根市もあちらこちらが 薄いピンクに彩られて華やかになる。

わたしの暮らす 東伊那は山のふもとで標高が高いので そのから市内を見渡して
「あそこにも ほら、あそこにも桜が咲いてるね。」と町へ降りてゆくとき 見つけては 八星に話しかけている。

今年は早めに咲いた桜を見上げるときは 何度も寒風と曇り空に遭遇して、震え上がったけれど、それでも 2回、桜の木の下で お昼を食べよ~~と八星と出かけた。
d0024504_2385014.jpg


昨日は 幸いに暖かくて ついでに花見念仏と瞑想までした。
家から山に10分くらい上がったところ・・夏場の子どもキャンプ場・・
誰もいない・・ただ桜の木々が静かにたたずんでいて、30分くらいいるだけで心が静まってくる。

ときどき、ギターを持ってここに来ようかな~


***************************

さて、しばらくブログを書いていなかったので ちょっと時をさかのぼって、報告します。

4月3日 本應寺のお上人がCD制作打ち合わせのために 遊里庵に来てくださいました。

今 制作中のCDは わたしのオリジナル曲7~8曲に念仏と即興音楽のコラボを2曲くらい加えて、60分くらいのCDに完成させる予定です。

それ以外に お念仏と即興音楽家チャッキリさん、夏秋さんのパーカッションが加わった60分のCDも制作する予定で、2枚組にするのか?それとも それぞれを独立させるのか などなど 方針を決める必要がありました。

昼はお上人と二人でうち合わせ・・夜は 夏秋さんを加えて夕食を囲み、夕食後は 制作進行中の音源を3人で聞きました。

「楽しみだなあ~」目をつぶって、味わい深く聞いてくださったお上人が 満足そう。

楽しみにしていただけるって、うれしいですね~

今回は、お上人の発心で始まった制作なので、制作を共にするわたしと音楽仲間の願いに、上人の願いがかかっていて、不思議です。

作るのではなく、どこからともなく聞こえてくる歌(メッセージ)たちを30年歌い続けてきたけれど、
そのうたが、仏道の道をひたすら歩いている お上人と共鳴して 一緒にCD制作をすることになるなんて・・ありえない不思議・・ありがたいことですね。

4日は、上京。八星と二人でボイストレーニングへ。スカイプで一度、体験レッスンを受けて いい感じだったので対面のレッスンを受けました。八星は 30分のレッスン中に、自分が上達する感覚があったみたいで、帰り道 子どものころのように 自由で楽しげな解放感のある八星に戻っていました。

大人も子どもも、自分の道がひらいてゆく「体感」を感じると 制限された感覚から 解放されてゆく。
自分の子どもと一緒に 学べていて わたしは ラッキーだな~
わたしも 学ぶことが たくさんあり とてもたのしい。

そして、8日は、岐阜のもりのいえへ行ってきました。
d0024504_235908.jpg

もりのいえの まあさんが 整体師になって1年、独自のヒーリングのやり方を始めた~というのでインスピレーションで受けに行きました。八星にいいかも?と感じたのです。


自然農や自然エネルギーをたっぷり取り込んだ自足的な暮らしの現場で、さらにオリジナルな直感に満ちた仕事と遊びを兼ね備えた 日々が展開していました。

まあさんが 始めた光珠(こうじゅ)と名付けられたヒーリングも、然り。
新しい文化を作る現場・・というところが わたし自身の在り方にシンクロしていて 触発されました。

実は、もりのいえでは5月10日~12日まで リトリートをすることになっています。
もりのいえのリトリート
岐阜近辺の方、3泊4日のリトリートは日程を取れないけど2泊3日なら可能という方
もりのいえに関心のある方  チャンスです。ピンときたら お申し込みくださいね。

そして、このごろは レコーディング三昧の日々。
今日の収録曲は ♪過去も未来もみんなありがとう なかなかいい感じで進んでいます。
d0024504_06093.jpg

明日も午後からレコーディングです。

そして もうすぐ東京と埼玉へ・・

4月20日と21日は、ライブです。楽しみ。関東の方 どうぞ お見逃しなく・・
by ainohanaMusic | 2013-04-15 23:26 | 心の旅日記 | Comments(0)