愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ハーモニーの妙&サイクリングDAY

子どもたちとサイクリングから帰ってきた。
d0024504_2252274.jpg
サイクリングと言っても、我が家から一番近い憩いの広場のあるおみやげものやさん「南アルプス村」まで、くねくねの山道を2~30分走り、南アルプス村で焼き立てのおいしいパンを買って、冷房のきいた「憩いのスペース」で珈琲牛乳を飲みながら、一休み。
 せっかくなので、わたしは、あさってからのコンサートツアー(東北)の主催者の顔を思い浮かべながら、無農薬のおそば、虹鱒のしょうゆ漬け、切り干し大根ときくらげなどをあわせた「里の味」など、吟味して買う。こどもたちは、試食のかりん茶、梅抹茶などを、おいしそうに飲んでいるし、焼きたてパンやではミニクロワッサンがおいしいんだ~とお土産を20個注文。人気の商品なので売り切れで、20分くらい、焼けるのを待つ。

そして、3人の背中のリュックに買ったものを分けて、今度は上り坂を40分くらいかけて汗かき、励ましあいながら帰ってきた。
d0024504_2261731.jpg
わたしの自転車は、「息子が乗っていたものだけど。」と、82歳になる隣の守屋さんからいただいた。衣食住を代々、自給していたらしい守屋さんにとって5段切り替えの自転車は、高価なものだったのだろう、とても大切なものを思い切ってあげる~という風情が伝わって、大事にしているけれど、今にも壊れそう。急坂を下るとき、前輪がぎしぎしいいながら、横にぶれる。ああ~、このまま前輪が吹っ飛んで、わたしも吹っ飛んでしまったら意識を失うだろうなあ~と、祈るような気持ち。気持ちよさと怖さが交錯するんだな、下り道では。
 むき出しのチェーンに、ズボンが巻き込まれて、なんども恐ろしい思いをした。それで、今日は、ズボンを折って、半ズボンの長さに。

カリフォルニアにいた頃は、わたしも壊れかけた車や、ゆれよれの服を染め直して使っていた。
どんなものでも(ちびた鉛筆でも!)、ありがたくいただいて物の天命が全うされるまで 利用させていただいた。お金も物もない生活を8年させていただいたおかげで、心が育ち、柔軟な対処ができるようになり、たくましくなった。お金がない~というところをしっかり味わって通り抜けると、お金というものが、どういうところから巡ってくるのか、その法則がつかめるときがくる。

その時できることに、心をこめていくこと、自分の仕事に誇りを持っていくこと。
******

自転車で、走るといろんなものが目に入ってくる。
橋の下に流れる小川のせせらぎが、なんて気持ちよさげなんだろう~。
道の脇に誰かが植えた花々の美しさ。
道々の空き地に畑を作ってる人たちがいるけれど、立派なナスが収穫されずに、ボトボト落ちてるじゃないの~!
d0024504_2272329.jpg

アマチも、たびたび、自転車を止めて話しかけてくる
「今、頭が栗みたいに丸くて、体が赤いチビ蛇がいたよ。なんていう名前?」
「小さな蛇が、道を脇で草をかんで死んでたよ。なぜ死んだんだろう?」

アマチは、動物を見つける目がすごい。

また、栗の木の下でも、じっと考え深げに止まっている。
「まっ、今日はいいか!。中身もあんまりなさそうだし。」

栗拾いしようか~考えていたんだな。

八星は、とにかく一番最後。 懸命に自転車をこぐ姿が、ほんとにいいなあ~。がんばれ~!
*******
わたしの暮らしてる村は、田園の向こうの山のふもとの小さな集落。
やっと、見えてきた。
d0024504_228396.jpg

体の中に風や稲の穂、雲の羽やら緑の木々がたくさん入ったようで、気持ちいい。

*****
さてさて、話は今朝に戻りますが、朝、目覚めてから 畑に収穫に出ました。
実は、8月末のレコーディング合宿あたりから、もう畑どころじゃなくなって、草取りはもちろん ほとんどなにもできなくなりました。

でもね~。トマト、ズッキーニ、ナス、しし唐、ピーマン、かぼちゃ、おくら、つるむらさき、モロヘイヤ、畑に出る度に、とりきれないくらいの収穫なのです。ありがたいなあ~。
荒れ果てた畑なのですが、取れる野菜は ほんとにおいしくて。
d0024504_228419.jpg

だからね、収穫するたびに「ありがとうね。ありがとうね。」と話しかけています。

畑は、それ程難しいものじゃあないんだなあ~とつくづく思います。時々、思い立っては、できることをすればいい。
d0024504_2291195.jpg

わたしが、忙しくても、歌も野菜も おかまいなしで 自分のペースで実りを届けてくれる。
自分のやれること、ふれてる世界を制限することなく、どこかでつながっていると、見えない世界の豊かさが ぐんぐんと実際の生活を彩っていくかのようです。

畑の収穫のあとは、サイクリングに出かけるまで、誠さんとレコーディングをしていました。
昨日、CDに収録する最終曲25曲目のコーラス録りを終えていたのですが、今朝、聞きなおしてみたらにごって聞こえたんですね。

やり直しました。どこが、にごっているのか。ベストを尽くして歌ってるのに3部コーラスになると、にごって聞こえる。だからね、コーラス2本を始めからやり直しました。

どうしたら、繊細な音程が正確に取れるのかは、わからなかったけれど、とにかく集中する。にごっているという自分の聴覚を受け入れて、澄み切った世界に向かって集中していく。

できあがりが、全然変わりました。

ハーモニーをとるということは、メロディーに寄り添いつつ、しっかりと自分をコントロールしてゆく集中力を維持することで、クリアな世界が現れてくるんですね。

はあ~勉強になります。

聞きなおしてみて、NGを自分で2曲出しましたので、明日もレコーディング。

あさって、仙台に向かって出発です。27日に戻ってきて、30日から10月4日までは東京ツアー。そして、10月24日から11月7日までカリフォルニア。11月11日から、長野の自宅で「心のチューニングのための3泊4日のリトリート」です。

なお、11月18日に小倉(北九州)でコンサート依頼が入りました。1週間くらいの九州ツアーをアレンジしようと思っていま~す。興味の有る方はご一報くださいね。
by ainohanaMusic | 2005-09-19 21:59 | 心の旅日記 | Comments(0)