愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

うたが やってきた ①

この1か月は 基本的に静養に励んでいた。
今年は 2回も体調を崩したので、自己過信をせずに チャージできるときに チャージすることと、
年齢も 熟年に達しているので 体の声をよく聞くこと

それは、ここ数年のことではなく 長年 習慣化して意識できなくなった暮らし方を見直すことに通じ、
いつもは手を抜くところに手をかけて、いつも熱心なところを 手放してみた。

不思議なことに
いつも 音楽が聞こえていた。

お掃除しているときも 漬物つけてるときも、庭木を剪定しているときも・・・

いつもは逃さず、録音して うた(形)にするのに 
なにしろ、まだ 「喉」は 「要注意」 静養第一 当分うたわない と決めていたので そこは手を抜いて、
毎日、やってくるメロディを ちょいと口づさむ 程度で ほったらかしにして 消えるに任せていた。

ところが、ここ 1週間くらい前から 無視できないくらい 熱心に同じメロディーが さかんに聞こえてくる。うるさいくらいだ。

しょうがないなあ~
やっぱり わたしは うたをうたうことになってるんだなあ~
と うれしいような 困ったような・・・

観念して、3曲、携帯に録音したうちに 2曲を仕上げました。

いいうたになりそう・・・1月21日青梅の新春ライブではうたいますね。お楽しみに。


「輪廻を超えて♪」


ひとりでも あるいてく 満ちているわたし   立ち止まり感じてる 目に映る世界

ふたりともうたってる 色がまじりあい    少しづつ つながってゆく たくさんのいのちと

     川は ながれてゆく    海は川をむかえる

     空は雨を降らせる  土は 空をむかえる

止まらずに 歩いてる 変わりゆくわたし    立ち止まり感じてる 育ちゆく未来を

大勢でも 帰ってゆく それぞれの光に   祈りの中 思い出す 一人じゃないことを

     鳥は 春を求めて    鮭は 上流求めて

     森は すべて受け入れ    人は あこがれ求めて


一人でも 泳いでる ゼロになるまで    大勢でも歩いてゆく 一つになるまで

生まれれば 死んでゆく 無限の川に     思い出し 忘れ去る 無限の光よ

      星は 流れてゆく     闇は 深まってゆく
 
      光は また そこにある      人は 光をむかえる


ひとりでも あるいてく 満ちているわたし     立ち止まり感じてる 目に映る世界

すこしづつ思い出す すべてのいのちが    すこしづつ よみがえる  わたしのなかに 

ただひとつの あい  ただひとつの あい   ただひとつの わたし       (2012・12.5)



  歌詞は たぶん うたいながら 変化してゆくような気がします。


また、スペシャル企画 クリスマスギフト オリジナルヘンプアクセサリーと CD この機会に良かったら どうぞ。1年を頑張った自分へのプレゼントにしてください。 満ちてゆく 波動でお手紙(メッセージ)を添えて お届けします~。なにか 聞きたいこと、この頃 感じてることがあれば 遠慮なく伝えて(お聞き)ください。

ヘンプアクセサリーもCDも まごころの結晶なので いろいろやりとりしながら お渡しできたらうれしいです。

(もう、お嫁に行ったもののあります、まず メールにてお問い合わせください。 また12月9日~16日は 長野に不在なので 発送は帰宅してからになります。すみませんが 宜しく どうぞ~)
by ainohanaMusic | 2012-12-05 13:05 | うた | Comments(0)