愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

高知へ ファイナルライブ

11月6日 今治ワークショップの後、再び泊めてもらった松山のワンズカフェを出発。
出発前に ワンズカフェの 郁美さんを朝のお茶にお誘いした。

前日の6時間のワーク・・・参加者は6名だったけれど 教えるの時は マンツーマンだから
すごく しゃべってるんだね~わたし~ 喉を使い切ってしまったわたしは この日から 話すことも苦しくなり、喉の完全休養、筆談に入った。

筆談の ティータイム。
てるみぃーと 郁美さんは しゃべり
わたしは 書く・・・

書いたことを 手渡して 読み終わるまで みんな待つ。紙が一杯になるまで書き、裏を使い、また次の紙を用意して、3枚、裏表 書きまくった。書いて読んでもらう~間のある コミュニケーションは 不必要な話題が そぎ落とされて ほんとに知りたいことに触れて、なおかつ ジョークや相手をほめることへの躊躇もなく 面白いテンポが生まれてゆく。

最初は戸惑っていた 郁美さんも次第に慣れてきて・・・
「いいねえ~筆談、静かで~!」

うたえない次は・・しゃべれないか・・でも、書けるし 伝わるぞ~

わたしの気持ちは元気になって 筆談用ペンと紙をバックに用意して さあ高知へ~出発。

途中、次男が今 いる場所の地名が出てきて しきりにショートメールをやりとりする。
わたしの体調不良で、帰りの日程が 繰り上がったので 今回は 合流できないことが わかった。残念・・
でも、そうだね、仲良しすぎた親子関係、やっと自立への兆しが生まれ、わたしがかかわらない時間も、大切かもしれない~

高知に入ってランチを食べた電車を改造したユニークな喫茶店で筆談会議。
d0024504_142453.jpg
d0024504_1421949.jpg

(高知市の喫茶店は どこも ランチに味噌汁や 庶民的なおかずがたっぷり・・大好きだなあ~こういう感覚)

 この日のコンサートの会場がエレベーターのないビルの3階であること・・
主催のKさんとのご縁・・泊まりにかわいらしいホテルを二人の続き部屋でとってくださってあること・・などいろいろ てるみぃーに伝える。
「主催者の家に行く前に、会場に先に行かない?搬入の作戦をまず 考えよう。」
「そうしよう~」

二人いると いいなぁ~
無理のない計画に 緩和されてゆく。

「てるみぃー 今日は しゃべれそうにないから コンサートでも筆談でもいい?てるみぃーが読んでくれる?わたしは バイオリンを弾くからね、わたしの話題に合わせなくていいから、自由にうたって。」
「ユーリー、ユーリーのうたは バイオリンだけでも行けると思う。何曲か バイオリンで聞きたいなあ~」

新しい表現
そのときのベストを尽くす
d0024504_1463910.jpg


花びら流れて♪
かわいいって言ってくれる♪
即興♪

3曲 バイオリンが うたいました。

もう、10年くらいのつきあいになる Mさんが あとで伝えてくれました。

「有里さんの 花びら流れて♪ バイオリンの音を聞いて なぜだか 泣けて泣けて仕方なかったの。うたわなくても 伝わってくるの。有里さんは いつも 有里さんだね。そのオーラー、波動、なにを無くしても そのままで輝いている。ずっと、ずっと、そうして 伝えていってね。」

うたえなくても わたしは わたし
だけど、うたう声を授かっていることは すばらしい贈り物。
それを 大切にしよう。

絶好調の時に 会えるってうれしい。
でも、不調な時でも ありのままのすがたで あえる友がいて
新しい気づきを 引き出してくれる。

てるみぃーの語りと歌も好評で、
沖縄民謡♪で 音世界で てるみぃーと ひとつに溶けたみたいで、そのうた・・自分のバイオリンとてるみぃーのうたの響きが・・体の中で血液のように 1週間くらい流れた。

ひとつを失うと ひとつをうけとる 
そして 失ったものが ほんとうの意味で 自分に備わってゆく
丁寧に 丁寧に 育まれてゆく

http://yokoiterum.exblog.jp/19486712/
(てるみぃーの報告)
いろんな角度から 魔法を見せてくれた ゆめのなる木♪ツアー
企画し、準備し、待っていて 共に分かち合ってくださった各地のみなさま ありがとう
d0024504_14193492.jpg

by ainohanaMusic | 2012-11-17 14:14 | 心の旅日記 | Comments(0)