愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ほんとうにやりたいことをやり切る

この8月
自分の家で やりたいことを やりきっている。
そうすると パートナーとの関係も変わって来る。

わたしは自分一人のために 大きな古民家を買ったのではなかった。
魂の家族が集って、ほんとうの自分と出会える場所を 用意しておきたかった。

願いって 伝わるんだね。
リトリートのスタッフたちが 家に来てくれて 文句ひとつ言わず 楽しく 家を大掃除して
創意工夫して 遊びながら 濃厚な時間が始まった。

パートナーは その姿を まのあたりにして「奇跡だ」と言った。
低体温のパートナーの手も リトリートの間にあたたかくなっていた。

一人ひとりの内側に「偉大なる存在」がいて
その存在が 起動するのが リトリート。

日常が戻って来て、パートナーは
「なんでも2人でやるのがいい。」と言った。

今までのわたしだったら、半分腑に落ちないけれど 半分嬉しかっただろうな~

今のわたしは、
「自立できたら そうできるけどね。今は コミュニティーによって育ってゆく可能性があるね 」と心で応じていた。言葉と実情のギャップを 瞬時にキャッチできるようになったんだな。

家庭が、依存しあって安心する場所になる場合もあるよね。

自分をまっすぐに見て 分かち合い 同じ方向に それぞれの足で歩いていたら
旅の友はお互いの気付かないところを 補い合う仲間で、素晴らしい財産で 人数の分、自由度は増して感謝が湧いてくる。

わたしは、 相手の依存を受け入れる 自分が尊いと感じられなくなってきた。依存は不自由。共感、共振は自由。

まずは、一人ひとりが まっすぐに 自分と向き合うことが 始まり。
そこから 出発すれば 解放に向かう。

本願と出会うリトリート  やってよかったな~
d0024504_11493763.jpg

(本願と出会うリトリート 8月3日 初日)

次は 愛あふれる人生と出会うリトリート

8月24日からです。
by ainohanaMusic | 2012-08-13 11:30 | 心の旅日記 | Comments(0)