愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

旅先で思う

7月1日(日)温泉旅館「あらかわ」で目覚めると、隣に寝てたはずのてるみさんの布団は空っぽ。
朝風呂へ浸かりに行ったら、てるみさんが 湯船に身体を伸ばしていた。
「あんまり眠れなくて もったいないことしちゃった。」
d0024504_20251989.jpg

そう、いいコンサートの後は 心が動いて眠れないこともあったなぁ
最近は 年齢のせいかな~ツアーでは、エネルギー出し切って 夜はどこでもぐっすり眠ってる。

朝、9時半に晴子さんが 里子に娘の愛ちゃんと一緒に迎えに来てくださる。
晴子さんが わたしたちのためにとってくださった旅館「あらかわ」は、もてなす気持ちのゆきとどいた旅館で、あちらこちらに可愛らしい民芸のうさぎやカメ、お花が飾られていて 心をなごませてくれたし お湯が柔らかくて心身に深く沁みた。
「ありがたいね~、癒されるね~。」
d0024504_20254378.jpg

各地でコンサートに迎えてくださるみなさんが、さまざまな形で うたうわたしたちの旅の疲れを癒してくださる心使いを 感じとることが多くなり、ほんとうに 心からありがたいと感じるのです。

11時に、新潟市の晴子さんのお姉さんの家に着く。
晴子さんとは 10年前に旅先の 屋久島で買ってくださった 1枚のCDがつないだご縁で始まったばかり。
それが、関川市のコンサートの翌日、新潟市に暮らすお姉さん(泰子さん)の家のコンサート、翌々日は、おまもりヘンプアクセサリーのワークショップまで企画してくださった。

コンサートは 泰子さんの家と、気持ち良く 調和してひびいていた。
何ていうのか・・・わたしと てるみさんのそれぞれの言葉とうたが
その家に集ったみんなの心、さかのぼってご先祖さまの願いと ひびいていた。
人が集い 栄えてゆく。
とまることなく流れてゆくことを応援してる先祖の願いに、家の主の願いが共鳴して 成り立っている不思議な紡ぎのトキ。
d0024504_20261079.jpg

シェアリングが始まる前に、お茶を飲みながら 自然発生的にシェアリングは始まった。
てるみさんのうたった「花」で 号泣してた女性の話しを みんなで聞いた。
彼女が語るには、この頃 亡くなったお父さんが 自分を守り導いていることが伝わるシンクロが続いていた。 
てるみさんが、亡き夫が好きだったとエピソードを語ってうたった「花」は、お父さんの一番好きな歌だったそうだ。
お父さんが「大丈夫だよ、応援してるよ。」といきなり語りかけてきたみたいで、泣けて止まらなかったという。

わたしたち、いろいろ話したなぁ。
泰子さんの家に集ういつもの仲間のお一人は 日ごろ抱えている辛さを初めて言葉にした。
「え~、辛い日々だったなんて初めて知った・・」泰子さんは 驚いていた。
よかったね、ほんとの気持ちを わかちあえて・・・。
シェアリングの終わったあと、輪をつなぐ手は ありのまま安心して あたたかく解放されていた。
シェアリングの間 てるみさんが 愛ちゃんが退屈しないように、公園まで誘って 遊んでくれた。
d0024504_20383455.jpg

2日3日は 泰子さんの家に泊めていただいた。
泰子さんの旦那さんに、てるみさんが親しく話しかけて 一緒に晩酌をすることになった。
30年連れ添ったご夫婦と わたしたちふたりが、不思議に調和して、
お酒が随分すすんだ。
「今度 野沢温泉で 3組みのカップルで遊びましょう」
なんて、盛り上がってみたり。
(ちなみに てるみさんは 今は 一人身ですが・・・)

この頃、男と女の違いに気がつく機会が多い。
男性は いろんな人がいるだろうが、どちらかというとがんばりやで単純って、気がする。彼らの苦労を ちゃんと理解して
ほめたたえてから、女性の視点や思いを伝えると 男性は女性の言うことも聞けて、すれ違わず出会えるのかもしれない。相手を知り、受け入れて 自分もちゃんと伝える そんな潤滑なやりとりが大切かもしれない。
by ainohanaMusic | 2012-07-05 20:27 | 心の旅日記 | Comments(0)