愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今、新潟

新潟県関川の旅館 「あらかわ」で目をさましました。
朝から 気持ちのいい温泉に身を浸し 疲れが取れました。

前日は パートナーのてっちゃんと、てるみさんと 高烏谷神社へお参りして
猫たちに見送られたんだなぁ。(ほんとに 道まで見送って すごいなぁ)
d0024504_8252564.jpg
d0024504_8263254.jpg

(最近拾った子猫の名前はアミになりました。ライカがお母さんをしてくれてます。スピカが寂しそうなので アミを可愛がってくれるもらい手を探すかもしれません)

昨日は 朝6時半に 長野を出発し  一路新潟へ。
運転は ほとんど てるみさんが 引き受けてくれて わたしは助手席で眠っていました。

12歳年下の妹みたいな てるみさん たよりになる~
移動中、助手席で眠っていられるなんて  天国のよう(笑い)

高速道路をひた走り あっというまに 新潟へ。

道の駅関川で 二人でゆっくり食事をして、温泉に入ってから この日のコンサートの主催のハッピーファームのTさんに電話しました。

3時くらいに 会場となる明治38年に建築された村指定文化財の住宅、東桂苑に到着。

庭も建物も そして迎えてくださった ハッピーファームのみなさんとの会話も しっくりと心と体になじみ、
てるみさんとのリハーサルを見て、畑から 春菊の花をとってきて ステージを飾ってくださる 男性の方がいたり、竹の中に蜜蠟のろうそくをともす 女の方がいたり、想い思いの会場作り や 心づくしの夕食が 心身を満たしてくれました。子どもたちが 庭で遊ぶ声が 楽しげ。そのこどもの声の中には わたしの昔のうたも交じっていました。
d0024504_829375.jpg


今回のコンサートは 直感信じる晴子さんの行動力から 始まっていて、
実は ハッピーファームのみなさんとも晴子さんとも 初対面でした。

晴子さんは 10年くらい前に 屋久島の雑貨屋さんで わたしのCDを偶然みつけて購入され、とても気に行ってこの10年 聞いてくださっていたようで ブログを読んできてくれて ヘンプアクセサリーを購入されたことが きっかけでメールをやりとりをするようになり、今回の出会いになったのです。

ご縁は不思議です。

10年前のCDを みなさんが聞いてくださっていたので 選曲も 過去にさかのぼって 懐かしい歌を 数曲うたいました。カリフォルニアの山の中で 自分を励ますために あかちゃんを背負いながら 山を散歩してる時に 一人でうたっていたうた「わたしの花道」とか・・・

そして また てるみさんとの コラボ 楽しい・・
そうそう、てるみさんの髪にも わたしと同じような 布をまいてみたり・・花を挿してみたり・・そんなことも 笑いさざめきながら 楽しんでいます。
d0024504_84225.jpg
d0024504_84259100.jpg


さて 昨夜のコンサートの後は 心ずくしの食事を囲んで シェアリング。
ハートの石が 輪を2回まわり、みなさん2回 考えずに・・感じるままに・・話すチャンスがありました。

2組の ご夫婦が ちょうど 夫婦げんかの真っ最中で
わたしと パートナーとの コミュニケーションがうまくいかない部分と とても似通っているなぁ~と感じたのでした。

違う価値観をもった ふたりが 同じ屋根の下で暮らすって 芸術的な取り組み・・
永遠に進化してゆける可能性を 自分の中に持ち続けること。
人を満足させるより 先に 自分自身を知ること 信頼すること・・その先に 相手を受け入れること 
自然と調和してゆけることが やってくるように思うのです。

いいシェアリングだった~

出会えてよかった ハッピーファームのみなさん❤

今日は 新潟市へ。
晴子さんのお姉さんのご自宅でのホームコンサートです。
by ainohanaMusic | 2012-07-01 08:25 | 心の旅日記 | Comments(2)
Commented at 2012-07-01 22:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ainohanaMusic at 2012-07-05 20:47
ゆきえさん
コメント ありがとうございます。
お念仏は 日本に戻ってきた2002年くらいから、日常の中で大切な時には唱えています。
 リトリートは わたしの日常の中で気持ちのいいものを とりいれてプログラムにしています。今までにも 一人 朝の勤行の時間は
自分のやり方で瞑想されていた方もいました。

自分が特別だと思っているわけではなく
自分が経験して良かったものを紹介し 一緒に体験しています。

人は それぞれに 感性が異なるので、一人ひとりが おおらかに自分のできることを 精一杯 表現してゆけたらいいなぁと感じています。

素直な想いを伝えてくださってありがとうございます。