愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

祝福のライブ

5月20日は
3月3日のコンサートを企画した りなちゃんのご両親の山の家でのコンサート。
19日の東青梅から 30分の距離。

5時に迎えに来ると言ってたりなちゃんが来ないな~と思っていたら
携帯に着信が入っていた。

90歳をすぎたおばあちゃんが この日 亡くなったので ご両親が山梨へ行く準備、りなちゃんたちも コンサートを終えたら行くので喪服の用意などがあり 自分で来てほしいとのこと。

飯能の ご両親の山の家(会場)に着いて、りなちゃんのご両親とあいさつする。
りなちゃんも ご家族のみなさんも
「おばあちゃんの死」を旅立ちと 理解して
「コンサート」には おばあちゃんも来てくれるね(おばあちゃんの旅立ちの祝福ライブだね)~と
その巡り合わせを 必然の中で汲み取って

「コンサートにはいられなくて残念だけれど、きっといいコンサートになる」と
コンサートの会場を外にするか 家の中にするか
コンサートのときのランチの下ごしらえなど
心配りをされて 出発されました。
d0024504_1336191.jpg

(コンサート後のあいさつをするりなちゃん)

ほんとうに ありがたいなぁ~と思うことのひとつは
必然を汲み取り 味わう「大きな家族」の繋がりの中に
コンサートの流れが 存在できていること。

りなちゃんたちの家族が おばあちゃんの旅立ちを思い出す時
コンサートと 金環日食が 共に存在している。
偶然ではなく、そのとき 家族が ひとつになっていたという そのことが  おばあちゃんからのギフトであり
おばあちゃんの存在のあり方(輝き)だったこと

ほんとうに 深いところで 紡がれてゆくね。

出会いを与えられ 生かされていることに 心から感謝。
d0024504_1328532.jpg



コンサートを終了したあと、
わたしはてるみさんと一緒に横浜へ帰り、
21の朝は 神奈川の海岸で金環日食をみました。
かみんちゅう(沖縄のみこさん)と
ミュージシャンの4人

お天気はコロコロと変わり、曇りから雨、そして日が差したり 曇ったり。
曇った時には 肉眼で
晴れたときは 日食用のメガネで 欠けてゆく太陽を見ることができました。

d0024504_13295771.jpg


かみんちゅうの友人の祈りや言葉
4人のそれぞれのうたが海に響いて
これから 自分が この地球のために そして自分自身のために 
自在に形を変え 働き遊んでゆくということを
感じた朝でした。

りなちゃんはこどもたちと
おばあちゃんのもと、山梨へ。
そこで家族で 金環日食を見たとのこと。

すべては 必然の流れに導かれているんだね。
by ainohanaMusic | 2012-05-22 13:34 | 心の旅日記 | Comments(0)