愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

北海道最終日~苫小牧~また来るよ♪

20日の早朝小樽に着いて 早1週間。
明日の早朝 1時半苫小牧発の深夜フェリーで大洗へ向います。
もっと、北海道にいたいな~また来ることにしておいてよかった! そのときが楽しみ


今夜が 今回の北海道の 最終ライブ。
さくらぎ笑楽好(しょうがっこう)という名前の陶板浴ができるピンクの壁のかわいいお家で 集い場を営んでいるのが元 小学校の先生をやられていた 中泉さん。今日はオープニングに 自作の さくらぎ笑楽好(しょうがっこう)校歌もうたってくださるとのこと。夕方6時半から ライブ。そして 8時から交流会。そして、わたしは 深夜12時にはフェリーに乗ります。

さて、旅の報告をしますね。

20日、半日 ゆっくりと豊平峡温泉につかり 夕方 札幌の友人の家へ移動。
千枝ちゃんは カリフォルニア時代からの友人で 今は札幌でカウンセラーをやっていますが、
わたしの幸せを願ってくれている。感じてることをずばりと言ってくれて それが 当たってるので
気づいて、調整することができる。ありがたい~。

自分が自分らしくありきるには 助けが必要と知ること・・・友だちは偉大なり

21日の響きの杜クリニックのコンサート、交流会
ほんとに楽しかった。

21日は 風邪は治りかけてきたものの 体力がなくて ライブ終了後 疲れが出たのを
ひびきの杜クリニックの院長の西谷先生と奥さまが気がついてくださって、
プラサンタ(胎盤エキス)注射をしてくださいました。

打ち上げで少々 酔っぱらった先生の手元。
「大丈夫かな~先生・・・見張ってね!」と言いあいながら 笑いあいながら 
新冠から 翌日の運転手として来てくれて 札幌のコンサートも 交流会も参加してくれたまなみさんも
プラサンタ注射の初体験。

笑いさざめきながら 解散。

ひびきの杜クリニックでのコンサートは もう4回目になるけれど、
産婦人科医でありながら わたしのワイルドなお産の話を みなさんに紹介してくださったり
「今の時代をいきる知恵」と題して 経済のこと、精神性のこと、文化のこと、環境のこと、放射能のこと
さまざまな エッセンスを 愛と叡智で 話してくださる西谷先生。
貴稀な方だなあ。 いつ会っても
純粋で柔らかなお人柄が 沁みてくるのでした。

22日
新冠の牧場にお嫁入りし 昨年から コンサートを主催している まなみさんの運転で
新冠へ。彼女に運転を任せて わたしは眠りました。

コンサートは体力を使いきった身体を
移動しながら 調整。
d0024504_13315618.jpg

新冠でのコンサートは 昨年と同じ場所 レコード館。
今年はmiraiさんという若いシンガーを応援している男性が 多くの方を呼んでくださいました。
オープニングアクトでうたうmiraiさん、すごく緊張していて うたい始めた20代初めのころを思い出し、緊張を溶く わたしなりの「おまじない」を伝授。
空っぽになる・・空っぽになる
うまくうたおうと思わないこと 。
d0024504_134735100.jpg

ご家族が あたたかく彼女を応援していました。ほほえましい。

ライブ後 まなみさんが 案内してくれた温泉ホテル。すごく 休まりました。
ホテルの一室を借りて 内輪の交流会&夕食会をしましたが、 これから深まってゆく友だちと出会えた気がしてます。解散後 深夜 露天風呂へ。誰もいなくて 波の音が聞こえてきて
湯船の中で ツアー最後までうたえること、体調の回復を祈りました。ツアーの中で 自然の精霊たちがエネルギーを供給してくれることが しばしばあるのです。

人との出会い、自然の中の 精妙なエネルギーの循環が満ちてゆくように心がけて旅をしている。
自己過信してないバランス感覚が 出会いを深めてくれてるような気がします。

23日新冠から 岩見沢へ移動。わたしは お寿司が大好きですが
震災以来 放射能(海の汚染が)気がかりで 回転寿司に入らなくなりました。

札幌で おいしいホタテのお刺身をご馳走になって
「ああ~お刺身が食べたいな~」
岩見沢で 回転すしのカウンターへ。
あら、北海道でも 北海道の海のものばかりじゃないんだなぁ~と 思いながらも なるべく地元の お魚や貝を食べました。満足。

そして 4時頃、
ライブ会場 スープカレー屋さん シーズザデイに。
昨年 富良野のコンサートに聞きに来てくれた マスターの喜多さん
木の精霊みたいな方。
d0024504_13561814.jpg

5月31日に 10年続けた お店を締めて、カナダに渡り、そのあと北海道の自然の中で 宿泊もできるもりのカフェを始めたいとビジョンを持っています。
d0024504_13582020.jpg

コンサートには 喜多さんのご両親や 昨年 出会った何人かの友人も来てくれて いい時間でした。
まだ、病み上がりで声量がなくて 慎重にうたっているのですが 今の身体に響く ちょうどいい響きに集中すると 集中力が高まり、丁寧に大切なものを手渡しているようなライブになる。

絶好調の時も こういう感じ 内側への集中力 自己過信していない 謙虚さを
忘れないでいたいなぁ~と思いました。

この夜は 喜多さんのおうちに 泊めていただきました。
ご両親が優しくあたたかな方たちで心が和みました。
7月に また 北海道へ来たときは 是非再会したいと 思いました。

24日の午前中、13日の岩見沢のコンサート(風邪のために 中止になった)の主催者の金子さんと
ゆっくりお会いすることができました。
4月13日のコンサートの準備に、精力的に動いてくださって、
新聞への問い合わせが 20人も来たとのこと。
体調不良でコンサート中止となり迷惑をかけてしまいました。
いろいろ話しているうちに なにかが溶けて、7月に コンサートを延期企画してくださることになりました。
金子さんと喜多さんと一緒に 会場「結いホール」を見に行きました。
d0024504_145432.jpg

遊び心のたっぷりな木を愛する心も伝わってくる素敵なホール。

今回の1週間のツアーが 7月の延期ツアーにもつながって行きます。
また、来れるなんて うれしい。

24日、夕方 岩見沢から~一路 登別の温泉へ。
北海道の源泉かけ流しの温泉は やっぱりはいっておかなくちゃあ~

6時には 室蘭駅で 昨年洞爺湖でコンサートを企画してくれた友人あきこさんと待ち合わせ。夕食を一緒に食べて、彼女の制作しているラジオに出演。オリジナル曲を2曲紹介してもらい、彼女の質問に応えて、話しました。一緒にいた時間は3時間。1年ぶりの再会。でも、充分 お互いを感じて 一緒に発信できることは幸せです。

亜紀子さんと別れて 今度は豊浦の明美さんのお宅へ。

明美さんとも1年ぶりの再会。ご主人もおられる居間で 1時間ほど歓談し、翌日のライブの打ち合わせをして 就寝。
d0024504_14192169.jpg

25日 午前10時から
豊浦の福祉会館の和室でコンサート。
朝、8時半からコンサートを初めて主催する明美さんと一緒に
会場準備。なんだか 楽しくておかしい。
明美さんが 驚くほど いろんなことに慣れていないのに
明るく前向き。

台車3台、女性3人で 2階の和室に音響を運ぶことも 
なんだか 楽しい。
労をいとわない 楽しさ。

お昼ごはんは持ち寄り

そして、小さなお子さんがいたのに しっかり集中できるシェアリングができました。
二人の方が 涙をこぼしながら 語られて
「ああ~わたし 来れて良かった~」
と心から 思いました。

こぼした涙の分軽くなって
たくさん 笑える。

また会いたいなあ~の思いが
シェアの最後に 言葉になりました。
「わたし また 7月に来るんだけど
誰か わたしと 照美さんにうたってほしい人いたら 喜んで行きます。」

そしたら 一人
はいっ!と手を挙げてくれました。

ああ~うれしい。
by ainohanaMusic | 2012-04-26 14:27 | 心の旅日記 | Comments(1)
Commented by てるみ at 2012-04-26 17:20 x
よかったね~
いい旅だったね~
わたしも 心の旅してるよ~

旅土産の持ち寄り話であそぼうね

北海道 わたしも いかれてうれしい~
どうもありがとう~