愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

心の銀河はお花畑♪

ここ数年、地元でのコンサートを心がけてやっている。暮らしている自分の場所で 心を分かち合いありのままを支え合う文化を作って行けたらいいなあ~と思う。
昨年は自宅でもコンサートやワークショップをやってみたし、また、人に勧めたい美味しくて健康的、そして心を分かち合えるオーナーのいるレストランでコンサートを企画していただいた。

伊那市の自然食レストランル・ムートンブランは 昨年4月15日が初回で
昨日、2月26日が2回目。
d0024504_2112088.jpg

個人的にも話をするようになって1年以上が過ぎて、オーナー夫婦、娘さん 場所の気とも馴染んできて
来られた友だちが 馴染んでゆくのが早かった。3時開演だったけれど、2時から3時の間に ボチボチと集まって来たみなさんがライブ前から どんどん親しくなってゆく。まるで 最初から友だちだったみたい・・・
d0024504_21154297.jpg

27歳から83歳まで 10人ほどの こじんまりとしたコンサートでしたが ほんとに よかったなぁ~
2時間のコンサートを終えた後、ほぼ7割がたが残って、ケーキを注文してテーブルをくっつけあって、シェアリング。手をつないだり ミニ瞑想して、一人ひとりが自分を感じながら 今、自分が抱えていることを話した。ひっかかりのあることを話す・・話すことは手放すこと・・・光の輪をつないでシェアしたことは必ず解けてゆく。真実を語りさえすれば、変化してゆくのだ。言葉に真実がそなわると、進化してゆく不思議。

「みんなひとつになれて良かったわね。」とオーナーも喜んでくださって、帰りには 自家製の御餅を持たせてくださった。

5年ぶりくらいの人、2年ぶりくらいの友、1年ぶりくらいの友、数か月ぶりの友、先日 突然訪ねて来た若者、初めての友、パートナーの友だち、パートナーの友だちの友だち、みんながひとつの場所で輪になるって素敵なことだなあ~

シェアリングが終わったら、
Sさんが、初対面の83歳のOさんに 
「亡くなった息子さんって、もしかしてAくんのこと?」

なんと!Sさんと、Oさんの亡くなった息子さんAくんとは 40年以上前、同じ高校の同窓生で、放送部で一緒に活躍していたとのこと。
ひとしきりAくんの思い出話になりました。初めて出会った人と40年前を回顧している二人。親戚のような空気感。

そして、Sさんの暮らす長谷村でも コンサートしてほしい~という話も出てきて楽しみ。
実は、わたし2006年に高遠の家が火事になって そのあと、家探しをして 一時は長谷村に暮らそうとして
いた。 懐かしい場所なのです。ゼロ地場があり、独特な雰囲気のある地域です。

さて、27日 今日は パートナーの哲生がビッサナー瞑想を終えて、13日ぶりに帰ってきたところです。
さて、どんな世界が これから始まるかな?

そうそう、哲生がいない この10日間、子猫たちと随分遊んであげたら
スピカは 遊んでほしい時に 口におもちゃを加えて こたつの上(わたしのパソコンの横)で待機するようになりました。子犬のような子猫
by ainohanaMusic | 2012-02-27 21:32 | 心の旅日記 | Comments(0)