愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

子猫の避妊手術

哲生が12日間のヴィパッサなー瞑想に出かけて、今日で6日目。11日間は 携帯電話も預けて、瞑想仲間とも 最後の日まで会話をせず、目も合わさず、内面世界を探求するそうだ。わたしも いつか参加してみたいな~。

今、どんな世界にいるのかな?

彼と出会って2年弱。

わたしが ツアーで出かけることは多かったけれど、必ず電話をしていたから
彼の声を聞かない日々は 初めてかもしれない。

出家道場の3週間も、寝る前に必ず電話していた。

生きていても、違う現場で 自分の世界に完全に入ってゆくって、まるで あの世に行ってしまったのと似てる~なんて、このとこ 感じている。

2006年には 当時のパートナーが 突然 あの世に旅立ったから ある日を境に会えなくなったが、魂は永遠であること、彼が次なる世界に飛翔したことを確信していたが、会えないこともまた、厳然とした事実だった。

今回、ありがたいのは 彼が 27日になったら帰ってきて会えることが 分かっていること。

寂しいな~と思うけれど、一回りもふたまわりも 大きくなって帰ってくるのが楽しみ。

そう、生きてる間は 時としては 離れることも成長、そしてまた会える時 それぞれが持ち寄れる世界があり関わり方も育ってゆく。

しかし思い出してみたら2006年、パートナーが亡くなった時も やはり あの世での再会を心待ちに思った。必ず、再会できることは確か。そこを感じると、同じ自分で再会したくはない、しっかり生きて成長して今度は、もっとひとつになれる自分でありたいと願った。

別れがあるからこそ、一緒にいられることの貴重さを知り 願いが生まれる。

願いを抱いて、輪廻を繰り返して 最後にみんなが到達するのがワンネスなんだと感じた。

すべての人を自分自身と感じられる領域までたどり着いたら 今度は どんな世界になるのだろうか?

************
さて、今日は
10月10日に保健所から もらってきた2匹の子猫の避妊手術に 動物病院に行ってきた。
メスのライカは 1泊
オスのスピカは 一緒に帰って来た。

麻酔をかけられて その間に手術。
手術に立ち会った。半分も正視できなかったなぁ・・

麻酔が覚めると 大きな声でわたしに 不具合を訴えた。
かわいそうだ~、男性機能がなくなっちゃったんだから。

保健所でも 友人にも
オスもメスも 避妊手術をした方がいいということをしっかり伝えられて
天寿を全うするまで 家族として暮らしてゆきたいので
不自然なこと~と思いながらも
手術に連れて行った。

スピカは 家に帰りついたら
いつもよりも ずっと わたしに寄り添って動く。
よたよたしてるのに。

しっかりと抱きしめたら
おかあさんのお乳を両足でふみふみするように
わたしを両足で ふみふみした。赤ちゃん帰り。

そしてゴロゴロ言って目をつぶった。

「スピカ 生まれてきてくれてありがとう。
わたしは 間違ったこともするかもしれない。ごめんね。
でも、こうして一緒にいてくれてほんとにうれしいよ。ありがとう。愛してるよ。」

言葉にしたら、ポタっと涙が落ちた。
ほんとのことを言葉にすると、この頃 即座に涙になる。
魔法みたい。

魔法の涙がひとしずく落ちて、

わたし 猫たちのことを 心から愛してる~ と腑に落ちた。
愛してることは 確かだけれど、良かれと思って間違ったことをすることもあるかもしれない。
いつも 一緒にいられるわけでもない。
でも、全部をひっくるめて 包み込むよう 許してくれる 繊細な子猫たちの表現に 何度も目がひらかれる。

スピカは やっと安心したかのようにすっぽりと わたしの腕に納まって、安らかな波動を伝えてくれた。身体は傷ついたままなのに 安心すると癒しが訪れる。

なんだか、スピカも わたしも癒された。

明日は ライカを迎えに行く。
お腹切って 子宮と卵巣を取ってしまったから。しばらく 辛いだろうな~
なんだか、自分も手術したみたいに、ちじんでる。

ライカもしっかり抱きしめて、少しづつ 元気になってゆくの応援しよう。


2月26日は
伊那のムートンブランでライブ。

そのときまで なるべく家に いよっかな~

そうそう、長野のみなさん、あるいは遠方からも 来てくださいね~
帰りに高遠あたりで 温泉に入り、ご相談くだされば 遊里庵に泊まることも可能です。

そして、3月30日~4月2日は わたしには かけがえのない深いプロセス~遊里庵の春のリトリート~です。
未知なる自分と出会うリトリートです。

今、いろんなことが加速度的に変容過程に突入してる。

ほんとうの自分を、暮らしの中で語るようになると 魔法がかかったように和らいでゆく。

わたしの暮らす遊里庵で 3泊4日 うたを聞き 心がひらかれて素直な言葉をとりもどし、山々の土や春風に身をゆだねて 精霊たちの声を自分の内側に受け取る瞑想もします。朝のお念仏もします。念仏に込められている願いのお話もしますね。そして、それぞれが 生まれてくるときにそれぞれが願っていたことも はっきり思い出すことになるような気がしています。

だれが来てくれるかな?
楽しみです。
by ainohanaMusic | 2012-02-22 00:40 | 心の旅日記 | Comments(0)