愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お念仏したいのですが・・と青年がやってきた

電話が鳴った。知らない若者の声。

「遊里庵ですか?あの・・勤行したいのですが・・明日夕方 行ってもいいでしょうか?」

「???」

「え、ここは、普通の家ですが、どこで聞かれたんですか?」

昨年、高遠町にあるフリーキッズビレッジの サマーキャンプのボランティアをして、そこで、愚静庵(ぐじょうあん)の静悦さんに聞いたという。

どうして、わたしが お念仏してること知ってるのかな?
昨年の夏は、わたし あんまりお念仏もしてなかったよ・・

でも、今は、出家道場から帰ったばかり、なぜ、うちに来るのか、その成り行きはよくわからないけれど、ちょうどいいかも。まるで、知ってるかのようなグッドタイミング。

ということで 昨日の午後4時、
29歳の若者 Dくんが みかんを手土産に やってきた。
初対面。
「はい、どうぞ。」 と こたつに入ってもらう。

どうやら、Dくんの中で
本應寺のお坊さん、尼さんが ひらいたばかりの
「大静庵(だいじょうあん)」と「遊里庵」が 混同されてたみたい。

「次回は、大静庵に行ってきたらいいね、そこには本物の尼さんとお坊さんがいるからね。」

彼は、調理師で 少し前に 統合失調症を病み、スローダウンしながら なにか求めているようだった。

ということで お茶を飲み、いろいろ話して 夕の勤行を 一緒にやって、うたを1曲うたい、シェアリングをしてすっかり なごんだ。

シェアリングを説明して
ハートの石を 手渡したら

「僕 話すの苦手なので 緊張しています」

と小刻みに震えながらも 静かに自分の心を感じ、感じてることを話してくれた。

そして、「こんなふうに 話をできるところ、聞いてくれるところは あまりないです。今度 僕の彼女も連れてきたいです。」

勤行の間に インスピレーションがやってきた。
 彼が求めてる何か~は、一人ひとりの個性を伸ばしてゆく、コミュニティー的な 共同作業の中にあるのではないか? ということだった。 彼は、生まれ育ったご両親の家から、仕事に通っている。そこでは見つからないなにかを求めて、こうやって 出かけて来てるのではないか?

彼を見送ったら 夕ご飯料理しようと思っていたが、
出てきた言葉は

「今からご飯作るけど、もしよかったら 一緒に作る?」

そしたら、Dくんは

ゆっくりとじわっと、嬉しそうな顔になり

「いいんですか?」声も和らいでいた。

そして、Dくんに薪ストーブを燃やしてもらい、
玉ねぎと ニンジンを 刻んでもらい、
わたしはスパゲティーをゆでて、
たらこ&ベジタブル スパゲティーと、アルコールフリーのビールで乾杯。

一緒にかたずけ、

暗くなったころ見送った。



「ありがとうございました・・・

僕、ここ 好きです。

とっても楽しかったです。

今度、僕の彼女と一緒に 来てもいいですか?」

「うん、いろいろやることもあるし、 障子を貼リ直してもらうとか・・・」

「あ、ネコの破ったところ?」


 また、じわっと 嬉しそうな顔。

やさしい青年だな~

出家道場に出たら

ほんとに

昨日は、道場になっちゃった。

いいな、こんな感じで

人が来るのも。
by ainohanaMusic | 2012-02-18 13:56 | 心の旅日記 | Comments(0)