愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ラフターヨガとのコラボ

7月18日、東北ツアーの最終日は、東京は白金台のわくわくプラザでラフターヨガ(笑いヨガ)クラブのみなさんに迎えられました。
d0024504_185414.jpg

ラフターヨガは、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせ、冗談、ユーモア、コメディーに頼らない「ただ笑うだけ」のエクササイズ。1995年にインドの医師と、ヨガの熟練者の奥様と、公園で始めた運動が世界に伝染し、日本でも急速に広がっているそうです。

今年の4月、浜松の陽大さんがラフターヨガとのコラボのコンサートを企画してくださって、笑いヨガとの相性の良さを感じました。みんなで笑う~ということは、シンプルですが、前向きなチャレンジなんだなあ~と感じます。チャレンジすると、傍観者ではなく、主人公としての実感が起動して、うたは、生き生きと心に染み込んでゆくような気がしました。

今回のコンサートは、まだお会いしたことのなかった白金台ラフタークラブのアイラさんが、メールで依頼してくださいました。陽大さん企画のコンサートに続いて、ラフターヨガの平野さんが5月に浜松でコンサートを企画されました。アイラさんは 平野さんの企画感想を聞いて、自分も企画されることにされたそうです。人のつながり、出会いは不思議ですね。出会いが出会いを呼んでゆきます。
d0024504_18234834.jpg

コンサートが始まり、途中で 突然、気がつきました。
わたしは18年前、カリフォルニアの山の中で 最初の子どもを産んだとき、笑いヨガをやっていたのです。
すごい!

わたしは、最初の子どもから、専門家を頼まずパートナーと2人で迎える自然出産を選択しました。そのために、周囲の人を心配させないように、そしておなかの赤ちゃんが語りかけてきた「風の音しか聞こえない山の中で生まれたい」の声を頼りに、人里離れた カリフォルニアの山小屋に、妊娠8カ月で、移住しました。
 
そして、静かな山で陣痛が始まったものの、ふた晩陣痛と闘い続けて、破水もまだで、疲労困憊していました。今では 笑い話ですが
ウルトラマン(古いですが)の赤い胸のピコンピコン鳴りだした時・・このままでは、体力が尽きて死んでしまう~と本気の中の本気になった時、
「どうしたら、産めるの?」と基本中の基本の問いかけが 口から飛び出してきたのでした。

そのとき、答えは 稲妻のように、パートナーとわたしの2人に同時に聞こえました。

「痛みと闘うな。微笑みと共に痛みをやりすごせ。」

そして、二人で瞳を見つめ合いながら 一呼吸呼吸、微笑んだのです。

すると、痛みが陶酔へ転換しました。からだの状態が変わりました。20分後に破水して、2時間後に 長男が生きのいい魚のように 旋回して飛び出してきました。

アイコンタクト(目と目を見つめ合って)して笑うのが 笑いヨガの基本。

ああ~びっくりした!ラフターヨガをやりながら 出産してたんだなあ~ご縁があるはずですね。
アイコンタクトをして、笑うとそこに広がる世界は「内なる平和」。どんな苦しみ、痛みでも、起きてることは微笑みと共に受け入れれば、流れは速やかに変わってゆきます。

アイラさん、ラフタークラブのみなさん、来てくださったみなさん 素敵な一日をありがとうございました。
d0024504_18591142.jpg

ところで、夜の交流会にも40人くらいが 参加されました。
わたしの右手に座った方は、わたしの暮らす「東伊那」に かつて暮らしていた方で、これからもご縁がありそう。左手に座られた方は、わたしのブログを9年前まで さかのぼって読んでおられて びっくり!2003年、火事の直後にも日記を書き続けていたこと、どうして書けたのですか?と聞かれて
「みんなが心配するから、元気だということを伝えたかったんだよ。」と答えたら、
「お母さんですね~。」と感じ入ってくれました。また、
「有里さんは、有里さんしかいないオリジナルの有里さんですね。」
と言われたのが とても印象的でした。

初めて出会った人が 本質に触れる そんな日々が与えられてることに感謝です。

さて、今夜から

長野は遊里庵、わたしの自宅に

「ものがたりをひらく 夏のリトリート」のスタッフが集合します。
明日は サウナ設営。
あさっては一日 準備
29日から 始まります。
by ainohanaMusic | 2011-07-26 18:37 | 心の旅日記 | Comments(0)