愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

駒ヶ根はアンシャンテで公成さんをお迎えしてのライブ!

年月はあっという間で驚くばかり。

大阪在住の公成さんとは2004年頃、徳島のお祭りで出会いました。主催者の計らいで初対面で数曲、サックスを吹いてくださいました。ステージをおえて振り返ると、公成さんの目には涙が溢れていました。そのとき わたしがうたったうたは♪生きてるそれだけで素晴らしいです。

 ステージのすぐ脇で「出会えて良かった!」とハグしあったのを覚えています。2004年 CD「見えない力 夢見る翼」に参加していただき、長野で合宿レコーディングをしました。

2006年1月にリリースしたCD「子どもたちの心」「観音さま」。この2枚のCDのレコーディングのためにも 2回か3回、長野へお越しいただいて合宿レコーディングをしました。

その年の12月 わたしの音楽活動を全面的に支えていた 下村誠さんが火事で急逝して、わたしのCD製作は休止状態に入りました。

昨年 4年ぶりにCD「竜神さま」を製作開始。

このCD製作のために ブログでエンジニアを募集しました。
来てくださったのが 埼玉在住だった夏秋さん。エンジニアのみならず、ピアノ、鍵盤ハーモニカ、パーカッション、アレンジなんでもできるすごい人。その夏秋さんが、縁あって わたしのうちから15分ほどの素敵な民家を購入されて駒ヶ根市民になり、ライブもちょくちょく一緒にやれるようになり次のCD「一角獣」も一緒に製作を始めています。

やっと、公成さんに声かけられるようになったよ。わたしのうたを大幅に把握している夏秋さんがいて、レコーディングやライブにゲストミュージシャンを迎える体制が整った感じです。

10日は アンシャンテで4人ライブ。
11日12日が レコーディング合宿。
ちょっと時間が短かめで
あわただしいですが ほんとに 5年ぶりの 大切な時間です。

生きているからこそ、こうやって 同じ空間で同じものを感じて
ライブやレコーディングを通して みんなに届けられる「ライブ」がある。

東京からも わざわざ 聴きに来てくださる知人もおります。
お近くの方 めったにない機会! 見逃さず おいで下さい。

******************
☆うた・バイオリン・語り・ギター☆ サックス・フルート・民族楽器
            吉本有里&山本公成
            夏秋文彦  山本星子
    ☆ピアノ・鍵盤ハーモニカ ☆リトアニア琴

          スペシャル4人ライブ in アンシャンテ 駒ヶ根

♪何億年もの祈り(by 有里)
 
聞こえてくるよ さざ波のうた
 思い出してよ からだの中に
色とりどりの 花や雲や 魚や貝や きらめく海よ

 何億年ものヒカリ

きみはどこから生まれてきたの
 ここからどこへ 歩いてゆくの
 白い花咲く 丘を目指して
 きみの胸にも 同じ花咲く
 
 何億年もの 旅路

聞こえているよ 心臓の音
とても小さな 細胞の中
もっと小さな 原子の中で
時代を超えて 未来を歌う

 何億年もの祈り

昨年リリースしたCD♪「龍神さま」に続き♪「一角獣」を駒ケ根で制作中。大阪からゲスト山本公成さん&星子さんを迎えレコーディングの前夜ライブです。

◆3月10日(木) 6時半開場7時開演9時ころまで
◆料金・3000円・ドリンク付き(要予約・定員15名)
◆予約&お問い合わせ0265‐83‐1510(fax)0265‐83‐9277
◆場所★ベンガルカレーアンシャンテ   駒ケ根市赤穂11192-1

出演者プロフィール

【吉本有里】波乱万丈の人生から紡がれた透明な歌声とシンプルで深い言霊とメロディー、大地のようなバイオリンは、聴くものの心を清め、勇気を与える。【山本公成】サックスの金属を感じさせない、やわらかな奏法、竹の倍音笛、世界各地の笛等で地球の息吹きを感じくり返し繋がる命の響きを伝え、聴くものにひかりと深い喜びをつたえる。【星子】公成さんのパートナー、民族楽器を奏でる。【夏秋文彦】循環呼吸&両手弾きを駆使して緻密かつ大胆、グルービーな音を紡ぎだす希有な鍵盤ハーモニカ奏者。口琴を始め、カリンバや太鼓など様々な民族楽器もこなす。
by ainohanaMusic | 2011-03-09 10:23 | ライブ | Comments(0)