愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

新年

濃い時間をくぐり抜けて どこまで行くのだろう。
あっという間に1月7日。

3日は二人の息子とスキーに行きました。
なんと!20年ぶり、生涯で3回目くらいの初心スキーだったのに、少し滑りだしたら 体が滑り方を覚えていました。激動の20年を経て滑ってみると、スキーは好きな分野のようでした。バランスをとりながらコースを選び斜面を蛇行して滑走してゆく感覚が人生と似ている。転びそうになっても、安定した重心に瞬時に戻しながら思い切って左右に重心を移すことで 歩むコースを自在にコントロールする。
d0024504_18265211.jpg
d0024504_18295675.jpg

初めて状態の17歳の長男に付き添ってコーチ。転びながらも長男も蛇行滑走できるようになり、最後の方では一緒にリフトに乗り、一緒に滑り下り、満足していました。待ち合わせしたかのように、フリーキッズビレッジのみんなと合流した次男八星は途中から別行動になり、高校のそばにアパート暮らしをしている長男と久しぶりに二人の時間を育めたのは ほんとによかった。

「来年も来ようね。」と二人に言うと、
アマチは
「来年は僕は長野にはいないかも・・」
と。

そうだ、3月には彼は上京してバイトを始め、1年後にはアメリカへ行くというプランをたてている。
帰りにアマチのお勧めのイタリアンレストランで食事をしました。バイトを始めたアマチは 数回ここへ彼女と一緒に食事にきたようで 落ちついた店はゆっくり話せる静けさがあり、今後のこと自然に相談を受けました。

「アメリカへ行って そのあと どうしよう?なにも決まってないんだけど・・・」

「人が生きてる上で一番大事なのは 何だと思う?
バイトをしてても、旅をしてても、仕事をしていても なにをしていても 発見や感動があって、人として成長できる、柔らかくなれるってことがママは一番大事だと思うよ。きっと、アマチにも 一生やり続けて成長し続けられるなにかがあると思う。だから、なにをしていてもいいけど 自分が成長できる場所を見つけることが大切だよね。それが 専門学校か、大学か、仕事か なにかわからないけれど 求めていれば 必ず出会うよ。」

アマチのアパートへ送り届けたら
すぐには部屋に入らず 手を振って見送ってくれた。

帰宅したら
奈良から直ちゃんとようへいくんの家族が先に到着していました。

翌日4日から 新しいCD「一角獣(仮タイトル)」のレコーディング。
3泊4日 濃い4日間だった。
毎朝 勤行とシェアリング。
高烏谷神社にもお参りに行ったね。
神社の前で自然発生的にみんなで歌い、踊りました。
パートナーのてっちゃんのお友達に レコーディング前にミニミニライブをやったり
てっちゃんの家を訪ねたり、ひこさんも含めて家族のような動きの中で
時空を超えた魂の再会と癒しの伴う レコーディングが進行していて
ああ~今回も ほんとうに素敵なCDが生まれそうで 楽しみです。

製作が進むにつれて、製作費の必要に迫られます。
そこで、近いうちに「虹のうたculb」を発足することにしました。
これは、製作の始まったNEWCDを先行予約することで製作をサポートするclub。
エンジニア、デザイナー、ミュージシャンへのお礼、CDやジャケット、歌詞カードなどの発注費用が少しでも賄われたら ほんとにありがたい。新しい歌は1年に12曲を超えるので 1年に1枚ペースで製作に入るのだと思う。いいものを作り続けてゆきたいです。
「虹のうたculb」可愛い名まえでしょ?

どうぞどうぞ、可愛がってください。よろしくお願いいたします。
d0024504_18473975.jpg
d0024504_1848826.jpg
d0024504_1934065.jpg


そして!
急きょ 2月3日(金)~6日(月)まで
リトリート 特別開催が決まりました。
広島のYさんが 春に産休が開ける前に1歳になる娘さんを連れてリトリート参加希望されていたので、誰か他にも希望者がいれば開催してみようか~と数人に声かけしました。
家業の関係で冬でないと参加できないFさんが、3人ののお子さんを連れて参加されることになりました。二人にとっても大きな転機になるような気がしていて、心は自然とその準備に入っています。
この寒い時期、寒い長野でのリトリート。
でも、心の中心が宇宙に開かれて あたたかく素晴らしい人生に導かれてゆけるような気がしてます。
 スタッフは弥勒(みるく)のお二人と静和さん、八星が活躍してくれそう。
参加されたい方、あるいはスタッフ参加されたい方いましたら、早めに連絡ください。
必然の糸がご縁を結び、人生の絡まった糸をほぐし飛翔へ背中を押すリトリート、楽しみです。

わたしとてっちゃん(パートナー)は同じ屋根の下には暮らしていないけれど
たくさんの魂の家族が 折々に 同じ屋根の下に暮らし、てっちゃんとも出会ってゆく。そんな中ではぐくまれてゆくコミュニティー的なつながりの味わいが不思議です。

静和さんたちがお寺からお帰りになる 10日までは 八星と二人の暮らしです。
この静けさも とても大切な感じがしている。静けさの中で自分を満たし 八星を満たして また歩き始めるよ。

また、今年のライブツアー
少しづつ決まっていっています。
3月は静岡、新潟
4月半ばから北海道へ。

今年は静かに満ちてゆく年。
ひとつひとつの出会い&再会 そして 時に 家族で静かに自分を満たす時間も大切にしてゆくよ。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。
by ainohanaMusic | 2011-01-07 19:30 | 心の旅日記 | Comments(1)
Commented by ainohanaMusic at 2011-01-30 01:17
ジャスミン、ありがとう。
今年はみんな変化の時を迎えているね。
深いところまで その変容が届くように
柔らかく 迎え入れるその場所を大切にしてゆきたい。

もちろん、会えるよ~

変容の時に きっと。