愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ピアニスト到着の夜

夜10時。
シーナが、東京からやってきた。
バス停まで迎えに行き、さっきまで雑談。

シーナは、今 薪で焚いた山の清水のお風呂に浸かっている。

シーナが明日から3日間に、ピアノを入れる曲は9曲。
明日は、公民館のピアノを、朝9時から夜8時まで借りている。

子どもたちは、ツアーから帰ってきた元パートナーに託しました。八星は、出かけに わたしに駆け寄って ぎゅっとわたしを抱きしめてから 迎えに来たお父さんの車に駆け出していった。いつもわたしがしていることを、こどもがしてくれる。ハートがあったかくなる。

久しぶりに、お父さんと過ごすのも嬉しい子どもたち。

子どもたちが幸せなのが、嬉しいわたし。

*******

シーナは、いろいろと歌の背景を質問してくる。

「有里さんは、阿蘇でなにかあったんですか?」

「阿蘇の山に、正木高志さんっていう友だちに案内されて、登ったんだけれどね~。頂上あたりになだらかな草原があって、まるで、地球のお母さんの子宮みたいな場所で、巨石があって、石には古代文字が書かれていて、不思議な感覚を感じたの~云々。」

話すことはいっぱいあるし、彼女が知りたいこともいっぱいある。

これからレコーディングしながら、いろんな話をするだろう。

明日は、「阿蘇のお母さんの歌子守唄」から録音で~す。

♪阿蘇のお母さんの子守唄

旅から帰ったあなたを 迎えるわたしたちがいる
旅から帰ったわたしを 迎えるあなたたちがいる

遠い憧れのふるさとから 帰ってきた魂たち
彼らをむかえる わたしたち

なつかしくて せつなくて 嬉しくて 涙がこみあげてくる

地球を離れ 旅した わたしを むかえてくれるお母さん

なつかしくて せつなくて 嬉しくて 涙がこみあげてくる
by ainohanaMusic | 2005-06-24 07:55 | 心の旅日記 | Comments(0)