愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

♪踊って泣いて 過去から今へ 夏のリトリート

8月24日、夏のリトリート 終了。
スタッフと参加者数名が昨日まで残ってくれて 片付けも終了。
スタッフの融合具合がなんとも気持ちよく 一緒に暮らし働く日々は爽快だった。
d0024504_23261250.jpg

久しぶりの家族だけの日常、北海道ツアーから 帰宅して 翌日から 屋根裏部屋を作るための改装工事が始まったから ずっと 人と共に旅し、暮らした2ヶ月弱の時間を経て、静かになったひととき 新しい風が吹き始めているのを感じる。

「オーガニックな暮らしの中で自分自身を知る」

テーマは 陰陽和合と再生 17回目のリトリートは、とても深くて濃い時間だった。
今回、印象的だったのは 参加者のプログラムを終えて 深夜 必ず スタッフのシェアリングも重ねていった事。参加者のほうは 毎日 解放や気づきを重ねながら、最後のクロージングシェアリングまで、玉ねぎの皮をむくように 新たなテーマが浮上して 最終日に出てきたテーマは「お持ち帰り」つまり、宿題になったこと。そのテーマは、まさに「陰陽和合と再生」、パートナーと深く出会いひとつになること~だった。

宿題を持ち帰ってもらったのは リトリート始まって以来だったけれど、みんながそれぞれに痛みを感じて、向かい合おうとした大きなテーマが、それぞれの暮らしの中で意識化されていくことは すごいこと~リトリートがリトリートの中で終らず、日常へと波及してゆく流れを感じた。
d0024504_23125693.jpg

***************
参加者の来る2日前にスタッフが集合。その前日の18日 新しい歌が 完成した。

それが、不思議。
17日の朝、 目覚める瞬間にメロディーが聞こえて、
改装工事のお手伝いに来てくれたちえちゃんに、歌って聞いてもらっていたのだが、18日には、ちえちゃんの目覚めにサビのメロディーと歌詞の一部が聞こえたということで、
その両方を まとめて 完成させました。
d0024504_23131717.jpg

個人を越えてつながって共に生きてゆく流れ。なにを担当するのか専門をきっちり決めず、料理も、片付けも、子ども係も その時々を柔軟に 動いていった今回のスタッフ体制は、新しかったけれど、すでにこの改装工事から そういう現象は起きていたんだね。
 漆喰を縫ってくれたちえちゃんの日常のお仕事は、天然酵母パンつくりで、作詞作曲の経験はなく、夢でBメロを受け取って伝えてくれたことは あんまり自然だったので 驚きもしなかったけれど、ほんとうは不思議。意識がつながってしまうと 人は誰もがかけがえのない役柄を全うできるように導かれている。全力で役立とうとする「愛」に満ちた人たちに恵まれて 今回のリトリートは全うできたように感じてます。ありがとう。

共にありたい人が 自分の意思で来てくれて 一緒に作ってゆく暮らしと音楽とリトリート。9月の6日からは、レコーディング、26日からは次のリトリート 一人じゃないって すごく感じてるよ。
d0024504_23192096.jpg

***********************
踊って泣いて 過去から今へ♪(2009.8.18)

①手放そう 昨日のわたし 新しい 流れを生きる

 感じるままに 歩き出そう 笑えるほどに 大胆に

   人はみんな 光に還る 輪になって踊る 踊って泣いて

   泣いて 開いて 過去から今へ

   踊って うたって 過去から今へ



②力いっぱい ぶつかった 古いわたし 新しいわたし

 両方を 受けとめる   
 
 どちらのわたしも愛してるよ 両方を手放すよ

    
身体に刻まれたそれぞれの過去は 同じ場面に 痛みを感じる
 
 あなたと出会って消えてゆく過去は
 
 愛して泣いて 過去から今へ 

踊って 泣いて 過去から今へ



①手放そう 昨日のわたし 新しい 流れを生きる


感じるままに 歩き出そう 笑えるほどに 単純に

 人はみんな 光に還る 輪になって踊る 踊って泣いて

  泣いて 開いて 過去から今へ

  踊って うたって 過去から今へ
d0024504_232228100.jpg

また、落ち着いたら リトリートの報告を改めて書きますね。今日は こんなところで、おやすみなさい。
by ainohanaMusic | 2009-08-26 23:27 | 心の旅日記 | Comments(0)